ドロップショルダーのお洒落なトップスとユニクロの真っ白なワイドパンツを4,50代のためにコーデしました!

30代女性の今旬コーデをアラフィフ、4,50代がセンス良く着こなすポイント

40代、50代の方に向けたファッションセンスを磨くための若者コーデの指南です!

 

私のファッション@ユニクロのワイドパンツと、beauty&youthの6のドロップショルダートップス

トップスはbeauty&youthの6というブランドのもので肩部分に片方だけ切れ込みが入っているデザインがとても気に入り購入したものです。

 

14000円程で購入いたしました。

 

 

ボトムスはUNIQLOで購入したもので真っ白なワイドなパンツです。

 

確か3000円程で購入いたしました。

 



 
コーデの思い入れ

今回のコーディネートはかなり体型をカバーしているモノトーンコーディネートです。

 

ワイドなボトムスは私のコンプレックスの太い脚を隠すのにすごくいいなぁと思い購入したのですが、なかなかどのようなコーディネートをしたらいいかわからず出番がなく箪笥の中にしまっていたものなのですが、せっかく購入したので深く考えないで合わせてみよう!と思いました。

 

トップスがブラックなのでホワイトと合わせてモノトーンコーデにしたら収まりもよくかっこ良く着れるかな?と思いこの様なコーディネートになりました!

 

トップスは、ピタっとしたデザインのものではないので気になるウエスト周りがカバーされていますし、ワイドパンツは少し丈が短く足首がチラリと見えるデザインなので全体的にはダボっと見えますが足首が見える事で少し引き締め効果があるかな?と思っております。

 

箪笥にしまい込んでいたワイドパンツが活用できて大満足です。

 

 



 

「肌見せには自信が…」と言うアラフィフ世代に、ドロップショルダートップスを着こなす方法を甘しょっぱく語ります!

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

左肩のチョイ出しがポイントの黒トップスと白ワイドパンツのコーデです。

 

一見シンプルなモノトーンコーデですが、肩のアシメトリーな開きが粋です、粋!

 

50代大人世代の目指すところですね。

 

 

デザインを活かすため、スカーフは巻かずネックレスを。

 

リーフチャームやウッドビーズで秋の気配を先取りです。

 

肩の開きはステキだけど肌見せには自信が…」というシャイ子さんは同色黒のチュールレースのロングカーディガンを羽織って。この薄皮一枚(笑)が不思議と堂々としていられるものです、お試しあれ。

 

活動的でありながらエレガントな雰囲気もあるワイドパンツ。

 

トップスがコンパクトなのでボリュームあるボトムスがよく合います。真夏は白で爽やかに。

 

秋めいてくる9月に入ればベージュやキャメルにシフトします。

 

ツイル素材でカジュアルに、落ち感あるポリエステルで綺麗めに。

 

前述のロングカーディガンを羽織ったら今度はタイトに、アンクルパンツやテーパードですっきりさせます。

 

靴は、残暑残る期間は白ワイドパンツには軽快なミュールを、秋色ボトムにはスエード素材のパンプスを合わせます。

 

甲にキラッと光るビジューやゴールドのベルト飾りなどあればより一層ゴージャスな装いに仕上がります。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

UNIQLOの真っ白なワイドパンツと、beauty&youthの黒のプルオーバーを50代が着こなすポイント

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

暑い夏も涼しげに、秋にも上品に着こなせるトレンドの黒×白コーデです。

 

トップスはbeauty&youthの黒のプルオーバーです。デザインが凝っていて肩部分に片方だけ切れ込みが入っています。

 

個性的なデザインがコーデのアクセントになっています。

 

ボトムスはUNIQLOの真っ白なワイドパンツです。ホワイトパンツが暑い夏から初秋に向けて涼やかに見せてくれて、黒のトップスで引き締めています。

 

足元は華奢なピンヒールパンプスやサンダルなどで、おしゃれに決めましょう。

バッグは小さめの黒のショルダーバッグや、夏らしくクリアバッグにするのも良いでしょう。

 

アクセサリーは大きめのペンダントやバングル合わせが素敵です。

 

夏~初秋は鮮やかなカラーが大人女子にも大人気ですが、あえてモノトーンコーデにする事で、落ち着いた雰囲気になり、50代女性にもぴったりの上級コーデに仕上がります。

 

お出かけ着になり、着回し力が高いのでおすすめです。

 

シンプルなファッションですが、デザイントップスや、小物でアクセントをつけてブラッシュアップしましょう。

 

黒×白コーデのポイントは黒色の分量を考えて着合わせる事です。

 

黒が多いと重たい印象になります。この時期はボトムスに白色を持ってくると夏らしく爽やかです。

 

モノトーンコーデを楽しみながら色々と着回してみましょう。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

お洒落なBEAUTY AND YOUTH(ビューティ&ユース)の6(ロク)トップスをコーデするポイント┃50代ファッションまとめ

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

スポーティで女性らしいラインが特徴的なニットウェア。BEAUTY AND YOUTH(ビューティ&ユース)の6(ロク)といったブランドで、オリジナリティに溢れたデザインです。

 

ゆったりと着られるドロップショルダーで、黒に近いネイビーです。肩の片方のみスリットが入っていますが、首部分、襟回りは開きが少なく、素材が厚手でしっかりした作りのため、50代の大人の女性にも普段着回しやすいアイテムかと思います。

 

こちらのトップスは肩のスリットがあってもカットワークが上品です。綿の厚手の生地で、これから秋のスタイルにも十分活躍しそうです。

 

スポーティなデザインのニットなので、ベーシックなチノパンやデニムパンツも似合います。

 

同じような黒や紺のカラーだと縦のラインが強調されて凛とした印象になり、ベージュや白を合わせるとナチュラルな雰囲気です。

 

トップスの裾を中に入れてウエストマークすると今年のトレンドのスタイルができます。

 

また、普段スカート派の方でしたら、プリーツスカートも似合います。裾のカットがアシンメトリーになったデザインもあり、膝から下のラインを美しく見せてくれます。深みのあるパープルやグレーを使っても素敵です。

 

これから秋にかけて上着が活躍しますが、スウェット生地のテーラードジャケットを一枚持っているとトップスの素材と合わせやすいので便利です。

 

グレーや黒、紺といったベーシックなものだと50代のカジュアルにスタイルにも気軽に取り入れられるのでおすすめです。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 
… …・ ・ ・ きりとり ・ ・ ・ … …


ステきら50代。




最新情報

コメントを残す