足長効果抜群のリブ模様のワンピをアラフィフ世代向けにコーディネートします!

アラフィフ熟年世代のコーディネートセンスを若いモデルさんの日常ファッションからご提案します

着るものがなくてお悩みの熟年世代の方に「パジャマ」ファッションから「ひとつ上のコーディ」へのヒントをご解説!

 


 

「アラサー20代」私のファッション@「Noela」のオレンジ色のリブワンピとニットのコーディネート

Noelaのオレンジ色が特徴的なワンピースです。

 

上から着ているニットのアウターもNoelaです。

 

値段はどちらも6千円くらいでした。

 

Noelaはデザインが可愛い服が多くて好きです。

 



 
コーデの思い入れ

今日は、オレンジ色のストライプのワンピースに青色のニットのアウターを合わせました。これはワンピースでも、女の子らしい印象というよりもファッション性の高いワンピースだと思います。

 

また、腰の部分や襟の部分でストライプの形が変わっていて、さりげなくスタイルをよく見せるようになっています。丈も短すぎず長すぎずちょうどいいです。

 

また、ワンピースだとポケットがついていないことが多いのですがこちらはデザイン性もある中でポケットもついているのでありがたいです。

 

オレンジ色の服はあまり着ないのですが、こちらは袖の部分がなく、おしゃれなので気に入っていて購入した当初から毎年着ています。

 

青色のアウターはなかなか着る機会がないのですが、シンプルな色の差し色よりむしろ派手×派手の色で合うと思い、着ました。

 

 


 

10代、20代には可愛い古着風ファッションを50代が着こなすポイントを解説します

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

開衿のストライプシャツワンピースにビビッドブルーのショートカーディガンを羽織るスタイルにストッキングではなくソックスを合わせるという10代、20代には可愛い古着風ファッションですね。

 

 

ちょっとレトロな感じにも見えますね。50代のオトナ女性がこれを着こなすにはポイントを一つに絞った方がいいです。

 

ビビッドブルーのショートカーディガンはこれ一枚でトップスとして着て、ホワイトのボトムスを合わせると爽やかなスタイルになります。

 

このようなショート丈ならワイドパンツや、シフォンスカートのようにふわっとボリュームのあるボトムスが合うでしょう。

 

 

一枚で着ることで胸元のVラインを美しく上品に見せることができます。もしVラインが深すぎるようであれば、中にタンクトップやブラトップを着るだけで、解消できます。

 

 

写真のように袖をクシャクシャっとあげてあげると手首もキレイに見えますね。中のワンピースをいかすのであれば、ワンピースとしてではなくシャツコートとして羽織ってみてはどうでしょう。

 

 

タンクトップやレギンスジーンズなどタイトなものを着て、その上からボタンをあけたままで軽く羽織るとさらっと着こなせるでしょう。

 

あるいはボタンをしめてベルトを腰あたりにつけてふわっと上の部分をさせて、襟を立てて、トレンチコート風に着こなすこともできます。

 

 

もともとワンピースとして販売されていたものでも、そのままワンピースとして着るのではなく、アレンジすることで着こなしの幅が広がります。

 

いろいろな服を着ていろいろなコーディネートを楽しんだオトナ女性世代ですから、様々なアレンジもできるでしょう。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

50代のワンピースコーデについて考えてみましょう┃甘ーく解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

フロント部分はストライプでサイドは切り返しのデザインのワンピースでしょうか、色味も鮮やかな女性らしいデザインですね。

 

ブルー系のニットはタイトめで同じくストライプのラインが全体的にシャープに見せてくれていますね。

 

ですがスカートの丈がやや短めなのでアラフィフ世代ではハードル高めのコーデかもしれません。

 

 

 

50代のワンピースコーデについて考えてみましょう

 

まずストライプ柄ですが、これはアラフィフでもOKです。

 

この秋でしたら長袖、膝下丈の細いストライプ、色はオレンジ系よりもやや落ち着いたテラコッタやベージュ系、ボルドーカラーの色味で考えてみましょう。

 

足は生足を出すよりも今年はレギンスがおすすめです。ここは黒をチョイスします。足首でぱつっと切れているものよりも裾の部分に切り込みが入っているものが足が長く見えます。

 

レギンスは締め付け感も少なく、ワンピースが50代の気になる下半身を隠してくれるのでアラフィフに持ってこいのスタイルですね!

 

定番のダークカラー以外にもライトベージュやアイボリーなど明るめの色味のものを持っていると黒の深めのVニットワンピと合わせたり、カシュクールワンピースに合わせたり使えるのでこの秋冬ぜひ持っていたいですね。

 

 

レギンスやワンピースで少しカジュアルが強めなので上はニットよりもきちんと感が出るジャケットを羽織りましょう。レギンス×ワンピースで襟付きジャケットですと、若く見えすぎてしまうのでノーカラーのウエスト丈のチャコールグレーまたはネイビーのジャケットで大人っぽく着こなします。

 

足元はワンピースと同系色のパンプスで合わせると50代らしいストライプワンピースのコーディネートになります。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

カーディガンのボタンは上2つ位を止めてタイツとパンプスでコーディしてみましょう┃50代の着こなし方をまとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

秋らしい色のコーデですね。

 

ストライプで細見え効果も期待できますし、深めの青色カーディガンが甘くなりがちな雰囲気をしっかりと締めてくれています。

 

カーディガンの丈が短めで、さらにリブの模様が変わっていることでウエストの位置がとても高く見えますね。足長効果抜群です!

 

カーディガンのボタンも全てとめられていますが、50代ではお腹のポッコリが気になる方も少なくないはず。そんな時はボタンは上2つ位だけをとめて、お腹辺りはボタンを外しておきましょう。

 

または黒や紺色のノーカラージャケットを合わせても良さそうですね。Vネックは知的に見えますから襟周りを見せるのもおすすめです。

 

ワンピースの丈が膝上なので、膝が少し隠れるくらいのロングカーディガンと合わせても良いですね。

 

少し短めのスカートの時などは、ロングカーディガンと合わせる事で気になる膝をカモフラージュすることもできますよ。

 

若い女性にはソックス&サンダルがこの秋もトレンドですが、アラフィフ世代が挑戦するとよほどのオシャレ上級者じゃないと難しいと思います。失敗するとだらしない印象になったり、おばさん見えしやすいですから、ここは是非ともタイツとパンプスで品の良い大人の足元をアピールしてください。

 

タイツなら気になる膝も隠せますしね。黒いタイツに黒のパンプスなら、ワンピースの色を邪魔しませんし、甘さも引き締めてくれます。

ブラウン系のファーバッグと合わせたら秋のお出かけコーデにぴったりです。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す