ガーリー可愛い「ダズリン」丸襟ブラウスをアラフィフ世代は決められるのか?!

今時のヤングモデルさんのガーリー秋コーデをアラフィフ世代が着こなすポイント!

「若者に人気のファッションコーディネートをヒントにオシャレのセンスをアップさせよう!」と言うコラムです。

 


 

アラサー「20代」私のファッション@「ダズリン」のブラウスと「ココディール」のロングスカート

トップスはダズリンの秋色ブラウスで4千円くらい。

 

ボトムスのグレーの超ロング丈スカートはココディール6千円くらいでした。

 

チェック柄はあまり着ないので唯一のチェック柄のアイテムです。

 



 
コーデの思い入れ

今日は、秋色コーディネートを意識しました。

 

トップスは七分袖の涼しげな素材なのでこの季節にちょうど良いです。くすんだブラウンの色味と襟の丸い形がお気に入りです。ただ、胸元がすぐに落ちてきがちなのでシルエットがくずれてしまうところが残念です。なので、これを着る時はピンでこのトップスとインナーを留めるようにしています。

 

ボトムスの腰巻きのようなデザインになっている超ロング丈スカートは、足元が冷えないので肌寒い季節にぴったりです。また、グレーのチェック柄とベルトのようになっているデザインがお気に入りです。

 

でも、腰回りが意外ときつめになっているので普段よりもう1サイズ上のものにすればよかったと思いました。普段服の買い物の時に試着をしないデメリットを感じました。

 

 


 

個性的なトップスにはシンプルに合わせましょう┃辛口解説です

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

襟や袖・ボタンに黒のアクセントがきいたクリームカラーのプリーツブラウス、ブルーグレーのチェックのロングスカート、二つとも超超個性的アイテムですね。

 

これほどの個性的アイテムを組み合わせるのが難しいですね。

 

アラフィフ「オトナ女性」にとっては柄on柄はうるさくなるのでNGです。トップスは柄ではありませんが、形も色使いも個性的なのでシンプルなボトムスに合わせないと勿体無いです。

 

このトップスの場合、袖は7分丈ですので腕が綺麗に見せられますが、襟元の形に注意です。丸く大きく開いた襟元は可愛すぎるので、オトナ女性の場合にはすっきりとシンプルな襟元の方がオススメです。襟ぐりが浅く襟の大きさが小さくなるだけで、ぐっと落ち着いた印象になります。

 

 

あるいはスタンドカラーでもカッコよく見せられるのでいいでしょう。シャツを選ぶときには必ず試着してみてください。ボトムスはサイズが合えばまだいいのですが、トップス、特にシャツのように襟がついているものの場合、顔によって全く印象が異なって着ます。

 

可愛らしい方がこのトップスを着ると、野暮ったくなってしまいますし、シャープな方がこのトップスを着ると、鎖骨も出るので意外とそんなに甘くならずにカッコよく着こなせるかもしれません。

 

Tシャツなどよく着ていてだいたいどういう風に見えるか見当がつくものは試着しなくてもいいですが、シャツのような襟まわりで印象が異なるものの場合は自分の顔で試してみないと似合うかどうか判断できません。着てから後悔してタンスの肥やしにならないように、是非試してみてください。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

チェック柄は今年のトレンドですよね┃甘ーく解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

ガーリーなピンタックブラウスに黒い切り替えの襟がかわいいデザインですね。タイトスカートはウエストがリボンベルトになるタイプでしょうか、トップスがガーリーなのであえて垂らしてバランスを取っているんですね。

 

チェック柄は今年のトレンドなので様々なデザインが出ています。もちろん50代コーディネートにも使えるアイテムです。アラフィフ世代はあまり色使いが多くないものがおすすめです。

 

 

 

グレーがベースの[グレンチェック]などは取り入れやすいですね。スカートの丈は超ロングは50代はやめておきましょう。若い世代に比べどうしても腰の位置が違いますし、ヒールのある足元をキレイに見せた方が脚長に見えてバランスの良いコーデになります。

 

 

ですがトップスがシャツやブラウスの場合、スカートが膝丈だとお母さんのお仕事スタイルに見えてしまうので膝よりやや下のミモレ丈をチョイスしましょう。

 

グレンチェックのミモレ丈のスカートにモスグリーンの深色ニットを合わせると50代らしい大人の色使いのコーデになります。

 

 

 

足元は黒系のヒールのあるパンプスでそこに小物で少し白を取り入れると華やかさが出ますね。トップスは腕回りにゆとりがありタイト過ぎない丈が短めのものがバランス良く見えます。

 

他におすすめはベージュカラーがベースの千鳥格子柄の[ガンクラブチェック]です。細かい柄のものが多いのでアラフィフ世代にも取り入れやすいです。黒のニットにガンクラブチェックのタイトスカートを合わせる。それだけだと少し暗く見えるので首元はテラコッタカラーのスカーフをボウタイ風に巻いてみると一気に大人のチェックコーデの完成です。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

丸襟が「似合う・似合わない」はお顔の骨格で決まってしまうことがありますね┃まとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

大きめの黒い丸襟がパッと目を引きますね。
とても甘い印象のブラウスですが、ロングタイトスカートと合わせる事で雰囲気をぐっと引き締めてくれています。

丸襟のブラウスはとってもガーリーなイメージになりますよね。しかも襟の大きさもあって、アラフィフ世代にはなかなか挑戦するのに勇気がいるかもしれませんが、カーディガンやジャケットと合わせて程よいかわいさを取り入れてみましょう。

襟ぐり深めのクルーネックのカーディガンなどで、ブラウスの襟だけを出して着るのもおすすめです。

襟の形の”似合う・似合わない”は顔の骨格で決まってしまう事もあるので、どうにも丸襟は苦手という方はスタンダードカラーにして、ふんわりとしたブラウスの質感だけ頂いておきましょう。

チェック柄は今年の秋もチェック柄はトレンドですので是非試してみて欲しいと思います。

グレーベースのチェック柄でも、中にボルドーやマスタードカラーが入ったものだと、ぐんと秋らしくなりますよ。

50代の方だと、ボトムスの共布ベルトをリボンに結ぶことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、今回の様に垂らしておくのはシンプルで良いですね。

ハイウエストでロングタイトスカートと、非常に足長効果が期待できるアイテムですが、腰回りや下半身にコンプレックスのある方はワイドパンツと合わせてみる方が安心できる着こなしでしょうか。ポインテッドトゥのパンプスやショートブーツと一緒なら、レディな雰囲気を演出できます。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク







…・・・きりとり・・・…
ステきらランキング。




にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代女性ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す