イギリス発のファストファッションTOPSHOPとチェックのマキシ丈スカートを50代は着こなせるのか?!

お若いモデルの日常コーデを参考に、アラフィフ、熟年世代もコーデセンスを磨いていきましょう!

ロング丈スカートに、TOPSHOPのトップス、それにロングカーディガンのモノトーン基調の攻めコーデから、コディネートのヒントを得るためには・・・。

 


 

「アラサー20代」私のコーディネート@「TOPSHOP」のトップスとロングカーディガン、それに「ココディール」のチェックのマキシ丈スカート

トップスはTOPSHOPなので、安かったです。

 

確か千円くらいだったと思います。

 

ボトムスのグレーの超ロング丈スカートはココディールです。

 

6千円くらいでした。

 

チェック柄はあまり着ないので唯一のチェック柄のアイテムです。羽織りのカーディガンはD-conceptで、値段は不明です。

 



 
コーデの思い入れ

トップスは、かっこいいスタイルでもありつつリボンのデザインでかわいさもあります。

合わせやすいトップスなので何を合わせても良いのですが、今日はロングスカートを合わせました。

 

ボトムスの腰巻きのようなデザインになっているこのスカーフは、足元が冷えないので肌寒い季節にぴったりです。

 

また、グレーのチェック柄とベルトのようになっているデザインがお気に入りです。

 

でも、腰回りが意外ときつめになっているので普段よりもう1サイズ上のものにすればよかったと思いました。ノースリーブのトップスは季節外れなので薄いカーディガンを羽織りました。グレーなのでボトムスの色味と合わせました。

 

 


 

グレーの大柄チェックのロングスカートをメインに50代に合わせたトップスをご提案します!

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

インパクトのあるトップスにグレーの大柄チェックのロングスカート、そしてロングカーディガンという組み合わせですね。

 

コーディネートを考えるときには、どれをメインアイテムにするか決めてから他のアイテムを決めてあげると、組み合わせるのが楽しくなります。

 

この場合、チェックのロングスカートというのはそれ単体で十分メインになるアイテムですね。色がブルーグレーを基調としているので、地味に感じるかもしれませんが、チェック柄が大きいので、十分存在感があります。

 

さらにウェストのリボンでより存在感を増しています。

 

 

このスカートをメインとして、トップスは7分袖丈のリブタートルネックを合わせてみてはどうでしょう?

 

体にフィットするリブタートルネックはスタイルに自信がないと無理と思われるかもしれませんが、体全体をすらっと長く見せてくれる着やせ優秀アイテムなのです。

 

色はやはり締め色のブラックが相性がいいですね。

 

さらに、タートルネックは首回りをすっきりと、そして長く見せてくれます。7分丈の袖は手首を見せて、腕全体を華奢に見せてくれます。気になるウェストには存在感のあるリボンがあるので、リブを着ていてもお腹周りを気にする必要がありません。

 

体全体のシルエットを隠してしまうと、もっさり感が出てしまうので、トップスでは女性らしい曲線を出し、ボトムスで体のシルエットを隠したストレート直線にすることで、全体のメリハリが出てきます。

 

足元はヒールの高い黒のブーツでしめると、さらにオンナ度がアップしますね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

ポイントを絞って盛りすぎない大人の「引き算コーデ」を甘ーく解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

モノトーンを基調とした攻めコーデです。お若い方がチャレンジする柄ON柄ですね。

 

でも我々50代大人世代が真似すると、ちょっと過剰攻撃かと……(汗)

 

今回はトップス、ボトムス分けて考えてみましょう。

 

 

モノトーンカットソーと淡いベージュのロングカーディガン。合わせるボトムはカットソーから拾って、黒またはチャコールグレーの合繊テーパードパンツなどいかがでしょう。

 

タックが入っていると腰回りがゆったりして動きやすいのに、カーディガンが太ももの輪郭を隠してくれて、膝下がすっきりスリムなので思いの外着痩せして見えます。秋らしくスエードのポインテッドトゥパンプスでシャープな足元に。差し色としてワインレッドやマスタードのショルダーバッグを合わせます。

 

一方チェックのマキシ丈スカートですが、目にも鮮やかな赤の薄手ニットをインして着用します。お袖は七分丈。バルーンスリーブや、袖口にレースやリボンで絞ったようなデザインのある、凝った作りのアイテムがこの秋流行っています。

 

その分、胸元はシンプルだったりするので、秋らしいチェック柄が生きてきます。

 

 

ウエストのリボンをきちんと蝶結びにしてポイントにし、あえてネックレスは省きます。

目を引くポイントは絞って盛りすぎないのが大人の「引き算コーデ」です。

 

黒のスエードアンクルブーツで温かみをプラスします。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

ロングカーディガンを丈の短めのジャケットやクルーネックのカーディガンに変えてみるご提案┃50代が着こなすためのポイントをまとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

TOPSHOPはイギリス発のファストファッションで、日本でもお店は多く、若い女性に人気のブランドですよね。

 

価格もお手頃ですが、デザインが個性的なものが多いように思います。今回のトップスも全体が見えないのではっきりとは分かりませんが、黒と白のコントラストがとても印象的ですね。ネック周りは大きなリボンになっているように見えますね。

 

ロングタイトスカートとロングカーディガンという縦長の細見えスタイルですが、トップスも白い部分が多く、ロングカーディガンも淡い色なので、アラフィフ世代ではぼやけた印象になってしまい、お顔がくすんで見えてしまう危険があります。

 

デコルテ周りは黒で締まって見えるので、余計に胸やウエスト周りがボリュームがあるように見えてしまうので、上半身にコンプレックスのある場合はトップスはシンプルな黒にした方が安心ですね。

 

 

ロングカーディガンを丈の短めのジャケットやクルーネックのカーディガンに変えてみると、足長効果も強調されますし50代の方にぴったりの品の良さも出せるコーディネートにできます。

 

カジュアルに着こなしたいときはニットに合わせても良い季節になってきましたね。トップスをカジュアルにしたときには足元はパンプスなどでレディな演出をしてバランスを取ってくださいね。

 

主張のあるトップスと淡い色のカーディガンを活かしたい場合は、デニムやストレートパンツなどに合わせると、すっきりとしたシルエットで着こなせそうですね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す