niko and…の「白のシワシワシャツ」とインディゴブルーのデニムにスカーフでまとめたコーディネートを4,50代も着こなします!

20代の大人コーデをアラフィフ、4,50代がファッショナブルに着こなします

ファッションライターさんが、若者の今旬コーデから熟年世代に向けたお手本を解説していきます!

 


 

「アラサー20代」私のファッション@「niko and…」の白シャツにデニムと「サマンサモスモス」のスカーフのコーディネート

トップスはniko and…の白シャツで4千円くらいでした。

 

ボトムスのデニムは、ブランド不明で2千円くらいでした。

 

スカーフはサマンサモスモス4千円くらいでした。

 



 
コーデの思い入れ

トップスの白シャツは、着心地が良くてシワ加工がされているところが気に入っています。

 

ただ、サイドの部分が膨らんでいるのでデニムに入れ込んでも体型が太く見えてしまうところが難点です。

 

ボトムスは、タイトに見せてくれるけど伸縮性があり、履き心地の良いデニムで気に入っています。

 

シャツにデニムだけだとシンプルすぎるので今日はスカーフを首に巻いてみました。このスカーフは何にでも合わせやすい色味で便利なのでヘアアクセサリーとしてやカバンに付けたりなど活用しています。

 

ゴージャス感を出すためにゴールドの時計もつけています。

 

 


 

白のシワシワシャツにスカーフ、インディゴブルーのボトムズはアラフィフ世代でも決まります!

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

白のシワシワシャツにスカーフ、インディゴブルーのジーンズにシャツをインして色も形もすっきりとまとまっていますね。

 

白と紺の色の組み合わせは清潔感がありますし、ジーンズに合わせていることでフォーマルになりすぎない、程よいカジュアルダウンになっています。

 

ここにスカーフを合わせているので、視線も上に集めて、メリハリのあるコーディネートですね。

 

 

これでスカーフがないと全く印象が違ってきてしまいます。この場合、シャツはシワシワ素材を合わせていますが、シャキッとした素材の方が、よりすっきり感が出てきますよ。

スカーフを使うのであれば襟元もシャキッとした方がかっこいいですし。おなか周りが気になる場合には、シャツの前側だけ軽めにジーンズにインし、周りはあえてシャツを出しておくと、ちょっと着崩した感じになって、こなれたスタイルになります。

 

ジーンズがスリムですっきりしたシルエットなので、シャツを全て出してしまってもいいでしょう。

 

その際、シャツの丈には注意してください。お尻が隠れる程度の長さだったら、ぴったりジーンズの上からで綺麗にきまりますが、それより長いとだらしなくなってしまいます。

全身鏡で前だけでなく、サイドもバックもチェックしてバランスが取れているかチェックしましょう。

 

 

アラフィフオトナ女性はスカーフなどたくさん持っていると思います、使わなくなって棚の隅っこに重ねておいているだけかもしれません。一度どんなスカーフを持っているかチェックしてみてください。ベーシックなコーディネートでも、スカーフが一枚あるだけでぐっと華やかになりますよ。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

グレンチェックのテーラードジャケットやマスタードのVネックカーディガンを足すとよりステキです┃甘く解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

白のシワ加工シャツにスリムなデニムです。お色を拾った紺のスカーフがポイントのとても着やすいカジュアルです。

 

あと何か足すとすればジャケットでしょうか。秋ならではの装いとして、グレンチェックのテーラードジャケットはいかがでしょう。デニムとスカーフで統一感は出来ているので、ジャケットのお色はグレーでも、あえて外してベージュでも良いでしょう。

 

全体的にメンズライクに寄っているので、甲にバックル使いのあるパンプスや、差し色にワインレッドのコロンと丸いシルエットや、ふわっふわのファー使いのバッグを合わせて女性らしい甘さをプラスします。

 

他に、淡いグレーのロングニットジレを合わせても良いでしょう。シャツの袖を七分丈までロールアップし、クールなメタリックのパンプスと、リボンやフリンジなどがあしらわれた大人可愛いショルダーバッグを合わせます。

 

全体的にブルートーンなので反対色のマスタードのVネックカーディガンもアリですね。

 

着丈は腰骨が隠れるくらいの、長すぎず短すぎずで。袖口からシャツのカフスを出して折り返し、七分丈までたくし上げます。スカーフを細く折りたたみ、ベルト代わりにウエストに結んでも素敵です。アイボリーのレースアップパンプスと同じくアイボリーの、小ぶりで丸っこいショルダーバッグを合わせます。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

スカーフがカジュアルの中に上品さを演出してくれます┃まとめ

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

カジュアルながらもスカーフが上品なイメージを与えてくれるコーディネートですね。

 

昔見たトレンディドラマなどでもよく目にしていた着こなしかもしれません。

 

とてもシンプルなスタイルですがスカーフが縦のラインを作ってくれているので細見え効果もありますし、華やかさをプラスしてくれることでお顔周りを明るく若々しく見せてくれるという、とてもありがたい仕事もしてくれますよね。

 

アラフィフ世代には、若い頃に買ったスカーフがタンスに眠っている、なんて方も多いのでは無いでしょうか?

 

スカーフは首まわりに巻くのは勿論、腰まわりにベルト代わりにしたり、鞄に巻いたり、万能でクラスアップしてくれるアイテムです。

 

是非ともタンスの肥やしから救出して活用してください。

 

 

タイトな印象のデニムはスタイルアップ効果がありますが、50代の方ではぽっこりお腹が気になる方も少なくないはず。そんな方はタックパンツと合わせるのがオススメです。お腹は勿論、ヒップラインや太腿も少し余裕を持たせることで痩せ見えを狙えます。スカーフに柄がある事がほとんどだと思うので、ボトムスは無地やピンストライプ位にとどめた方が良いですね。

 

ハンサムなスタイルなので靴は是非パンプスを合わせましょう。

 

バッグは思いきった赤いクラッチバッグを持つと格好良いですね。

肌寒くなってきたらトレンチコートと合わせるのもおすすめですし、ツイードのジャケットを合わせるとレディな雰囲気にすることが出来ますよ。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す