フェラガモのトップスにタンクトップとキュロットを合わせた50代コーデを解説します!

アラフィフ世代に向けて、美魔女系コーデのアレンジ方法を解説します

ボルドーの深紅なお色がステキなフェラガモトップスと同系色のタンクトップに花柄模様のキュロットを合わせた50代モデルさんからファッションコーデを楽しみましょう。

 


 

私のファッション@「Ferragamo」のトップスに、「mimi roger」のタンクトップとキュロットのコーディネート

トップスのブランドは、『Salvatore Ferragamo』。

松坂屋のバーゲンで20,000円ぐらいで購入しました。

 

タンクトップとキュロットは『mimi roger』。

合わせて16,000円ぐらいでした。

 

ルミネ新宿店にて、色をあわせながらながらセットで購入しました。

 



 
コーデの思い入れ

ドッキリするような深い真紅の色に魅せられて、コーディネートしました。

 

ミニのキュロットは、キュートで年がいもなくキュンキュンと胸が躍ります。

 

ポリエステル100%なので、丈夫でアクティブに活動できます。

 

タンクトップは、光沢があり、アクセントになります。気持ちも輝きます。

エレガントなやわらかいブラウスを羽織ると、上品になり、抵抗なく外出できます。

 

シルク100%のブラウスは、腰にタックが施してあり、キュロットの柄の花びらがヒラリ舞うような感じです。

 

 


 

同系色のタンクトップを合わせていますがアンサンブルにするとコーデしやすいですよ┃甘しょっぱく解説します

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

こっくりとした深みのあるボルドーカーディガンに、似た色のボルドーのタンクトップ、ボトムスには花柄のキュロットという女性らしい好感度高いOLさんスタイルですね。

 

カーディガンに似た色のタンクトップを合わせていますが、アンサンブルにしてしまった方がいいですね。

 

似た色だから大丈夫と思って合わせても、素材や色味は違いますし、微妙に違うものを合わせて違和感になるよりは、はじめからセットアップになっているアンサンブルを着た方がまとまりが出ます。

 

アンサンブルは40代、50代のオトナ女性にかかせないアイテムです。

 

単体でも着られますし、セットアップでも着られますし、コーディネートの幅は広がります。

 

アンサンブルを選ぶときに是非こだわっていただきたいのはインナーです。

 

半袖タイプが多いと思いますが、インナーを一枚で着たときにそれだけでサマになるかどうかは大切です。腕がキレイに見えるかは袖の長さによって随分変わってきます。少し短めのフレンチスリーブぐらいが、女性らしく美しく腕を見せます。あるいはインナーはノースリーブでもいいでしょう。

 

ノースリーブは肩を出すので、なかなか選ばないかもしれませんが、アンサンブルのカーディガンを肩にはおるとぬけ感があり、洗練されて見えます。また、アンサンブルはセットアップできたときに腕周りがもたつかないかチェックしてください。セットにすると腕周りがもごもごして肩周りのシルエットが崩れてしまうともったいないですからね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

単品で別購入にもかかわらずセットアップに見せるのはさすがです・・・┃甘ーく解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

上品レッドのセットアップに花柄のミニキュロットです。ツインニットにも見えるトップスはさすがのフェラガモ。華やかであでやか。50代大人世代のくすみがちなお肌をヘルシーアップして見せてくれます。

 

それぞれ単品で別々にご購入にもかかわらずセットアップに見えるようにアイテムを探して来られるなんで、モデルさんの凄腕、なかなかのものですね。見習いたいです。そしてこの赤、素敵すぎ!

 

 

さぁて、ボトムスには何を合わせましょう?

 

 

この花柄素敵だから、膝丈スカートにしてみましょうか。太ももあらわだとちょっと自信はなくとも、膝丈ならなんとかなるかな?秋らしいといえばチェック。小さめの千鳥格子やギンガムチェックの細みのテーパードパンツをあわせるとおとなしめ。

 

やや大きめピッチのグレンチェックや茶系のタータンチェックならカジュアルダウンで気軽に着られます。

 

フェイクスエードやツイードの膝丈スカートを合わせると、ぐっとシックな装いに。深まる秋にピッタリです。

 

もこもこフェイクファーのハンドバッグで大人可愛くしても良し、タッセル使いのショルダーバッグでさりげないポイントをプラスしても良し、スエードパンプスで温もりをさらに味付けします。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

美魔女ライクなフェミニンコーデを50代女性が着こなすポイント┃まとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

お色気溢れるフェミニンコーデですね。

 

アンサンブルかと思えるほど、トップスとインナーの色が合っていますし、キュロットの花の色とも統一感があります。

 

袖のゆったり感で気になる二の腕は隠せますし、絶妙な透け感と、柔らかい質感がとても女性らしさを感じさせます。

 

アラフィフ世代でこの組み合わせは ”THE 美魔女”といったコーディネートでしょうか。フェロモンいっぱい出てそうなイメージですね。真っ赤なピンヒールを合わせたくなります。

 

 

キュロットの丈も結構なミニなので、黒いタイツを合わせると少し安心感があるでしょうか。50代では足のラインを出すのには抵抗がある方も多いと思うので、その場合はミモレ丈のスカートにしてみましょう。

 

フェミニンな花柄でも良いですが、シンプルコーデがお好みの場合はカーキやグレーの無地で、張りのある素材でメリハリをつけましょう。

 

トップスが甘口ですから、ボトムスをしっかりと辛口にしておいた方が甘辛ミックスでアラフィフ世代の大人女性ならではの着こなしにできます。

 

パンツと合わせる場合は、とろみ素材のワイドパンツよりは、ツイード素材のストレートパンツのほうがおすすめです。

 

トップスは秋が深まってきたらレザージャケットと合わせてもとても格好いい着こなしが出来ますよ。超辛口なのでロングのプリーツスカートで甘さと縦のラインを加えてみましょう。

 

ボルドーは女性らしさをアピールできる色ですが、組み合わせ次第ではとても格好良く着られる色ですから是非取り入れてみてくださいね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す