クチュールブローチの「ブラックウオッチ」ふんわりワンピースを50代が着こなすポイント

20代のモデルさんのブラックウオッチふんわりワンピから熟年世代のファッションコーデを解説します

ワンピとロングカーディガンのお嬢様風ワンピースコーデをアラフィフ世代向けにアレンジしてみました。

 


 

「アラサー20代」私のファッション@「クチュールブローチ」の秋色緑のワンピースに、「D-concept」のロングカーディガンを合わせました

今日は、クチュールブローチのチェック柄の緑色のワンピースです。

 

値段は7000円くらいでした。

 

羽織りの薄い素材のカーディガンはD-conceptで、値段は不明です。

 



 
コーデの思い入れ

今日は、お上品なデート用コーディネートを意識しました。

 

このワンピースは袖がないタイプなので夏にも着れるのですが、ダークカラーのチェック柄が飽きっぽいので夏の終わりから秋の始まりにかけての間にいつも着ています。

 

控えめなチェック柄とワンピースの形が気に入っています。腰の部分には絞れるリボンがついているので、自由自在に調整できます。絞らないとあまりかわいい形にならないので、リボンを締めています。

 

ワンピース単体だけだと夜は肌寒いので、薄めのグレーのカーディガンを羽織りました。少し地味めな印象になってしまうので、ゴールドの時計とアクセサリーをつけました。

 

 


 

お嬢様様風ワンピコーデでは太目のベルトで「ハイウェスト」シルエットを作るとイイです┃甘しょっぱく解説します

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

濃い紺と深緑のチェック柄の膝丈ワンピースに、薄い記事のライトグレーのロングパーカーカーディガン、ワンピースの華奢なリボンでお嬢様風なコーディネートですね。

 

せっかくのワンピースですから、この一着をメインアイテムにして、ぐっと立たせてみてはいかがでしょうか?袖はノースリーブでも半袖でもいいのですが、潔く一枚だけで着てしまいましょう。

 

その際、おなかのリボンは少し女の子っぽすぎるかもしれませんから、リボンを外して、太めのベルトでハイウェストのシルエットをつくりましょう。

 

ハイウェストはおなか周りが目立つ気がしますが、おへそよりも少し上をマークすることによって、脚長に見せる効果があります。マホガニーやオークルなどの深みのある色のレザーの太いベルトでウェストをマークしてあげると、オトナワンピーススタイルに早変わりです。

 

足元もストッキングにヒールのようなお嬢様風なスタイルではなく、ベルトと同系色のロングブーツやニーハイブーツを合わせると、シックなアイテムなのにかっこよく見えますね。

 

寒さ対策としてカーディガンを合わせるのであれば、せっかくのワンピースのシルエットを隠してしまうロング丈よりも、短い丈や肩・腕だけをカバーするアームカバー風ボレロがおすすめです。

 

アームカバー風ボレロはあまり見かけないかもしれませんが、バレエのコスチュームやヨガウェアなどでは定番アイテムですから、そういったショップで簡単に探すことができます。一着持っていると便利ですよ。ワンピースはそれ一枚だけで主役になりますから、なるべく他のアイテムはその主役を隠さない方がいいですね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

カジュアル「エレガント」な雰囲気を50代が決めるにはカーディガンの丈は短めが良いでしょう┃着こなしポイントを解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

ラウンドネックのチェックのワンピースに薄手の柔らかなペールグレーのロングカーディガンを合わせています。

 

カジュアルなのにエレガントな雰囲気で、気負わず着られます。欲をいえば、カーディガンの丈があと5センチ短いとよりバランスが整うと思われます。お色は淡いベージュもアリでしょうか。ペールグレー(寒色系)の時は靴は黒、ベージュ(暖色系)の時はダークブラウンにすると統一感が出ます。レースアップやスエードのブーティなど、秋にピッタリですね。

 

ウエストの共布リボンベルトが大人可愛いですね。合皮ベルトに替えると、また雰囲気が変わります。

 

合皮といえば。ワンピの上に合皮のテーラードジャケット(コンパクト丈)やライダースジャケットを合わせても良いですね。

 

ラウンドネックなのでレギュラーカラーよりもフェミニンで、合皮ジャケットの超辛口を和らげてくれます。でもまだ和らげきれないシャープさを、もうひと越え!

 

甘さをプラスするにはローヒールパンプスにファーが一部使われたものをチョイスします。もしお手持ちにちょうどな物がなければ、バッグを小ぶりのファー使いにして、バランスを調整します。

 

 

鮮やかなグリーンの厚手のセーターを上に着て正統派ワントーンコーデはいかがでしょう。50代大人世代にはこちらの方がしっくりくるという方も多いのでは?透けないタイツと、甲にバックル飾りなどポイントのあるローヒールパンプスを合わせます。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

ブラックウオッチのふんわりワンピースの50代コーディネートのポイントをまとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

ブラックウオッチのワンピースがステキです。

 

ブラックウォッチは「Black watch」と記述して、青と緑、黒によるチェック柄の事、タータンチェックの中でも特にクラシックで上品な雰囲気にできますよね。

落ち着きがあるので年齢を選ばず、アラフィフ世代でも取り入れやすいチェック柄です。

ロングカーディガンとの縦長ラインですが、50代の方が挑戦するときには気を付けなければいけません。

 

中に着るワンピースがふんわりとしたラインのものなので、ロングカーディガンのシルエットもふんわり広がってしまい、体形までふんわりと着ぶくれして見えてしまう恐れがあります。

 

スタイルに自信のある方は問題ないですが、そうでない場合は中に着るワンピースはタイトなラインのものの方がおすすめです。タイトスカートが苦手でも、ロングカーディガンが体のラインは隠してくれるから大丈夫です。

 

 

ふんわりワンピースにあわせるならば、丈の短めなカーディガンやジャケットの方が安心ですね。

 

ウエスト周りもリボンよりもブラウンの細ベルトだと締まります。

 

ブラックウォッチと相性の良い色というとコバルトブルーやロイヤルブルー、そしてブラックなどがありますが、秋のオススメはマスタードカラーでしょうか。ワンピースにマスタードカラーのニットジャケット、そしてキャメルのレースアップブーツで大人ガーリーなコーディネートの出来上がりです。

 

ブラックウォッチはワンピースに限らず、スカートやパンツでも着回し力の高いアイテムですから是非ワードローブに加えてみてください。シャツやニット、何と合わせても品の良い印象にすることが出来ますよ。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す