立体感を出すホワイト「リブニット」とデニムジーンズのコーデで脱おばさんファッションを!

普段着のお若いモデルさんのコーディネートからアラフィフ、熟年世代のファッションヒントをお伝えします!

フィット感の高く立体感のあるリブニットにデニムの組み合わせをガッツリと着こなしましょう

 


 

「アラサー20代」私のファッション@「dazzlin」のニット素材のトップス、とデニムジーンズのコーディネート

ニット素材のトップスは、dazzlin4千円くらいでした。

 

ボトムスの濃い色のデニムはブランド名は忘れてしまいましたが2千円もしなかったと思います。

 

ジーンズのブランドはあまり気にしていません。

 



 
コーデの思い入れ

トップスは、ほとんどニット素材になっているところと肩の部分がピンク色と透ける素材になっているところ。

 

あとは真ん中が短く両端が長めのデザインになっているところが気に入っています。

 

ピンクとオフホワイトの色味が春に合うので春に着ることが多いのですが、袖の長さとニット素材の組み合わせが秋にも着やすいので着ています。

 

ボトムスのデニムは、動きやすいのでよく歩く日にも履いて行ったりします。

 

このデニムにもゴールドのジッパーがついています。アクセサリーはジッパーの色と合うようにゴールドの時計とネックレスを付けました。

 

 


 

まとまりの良いラウンドネックの白リブセーターにはライトブルーのボトムスを合わせましょう┃アラフィフ世代の着こなしポイントを解説します

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

白いラウンドネックのリブセーターにインディゴブルーのスリムジーンズというスポーティーな組み合わせですね。

 

どちらもたいとなのでスリムな人には合いますが、少し体型が気になる熟年オトナ女性には勇気のいるコーディネートです。

 

リブセーターのリブの入り方がサイドは斜めから入っていて、個性的で遠くから見ると白っぽいトップスにみえますが、近くで見ると印象が違ってきますね。肩の首近いところにポイントがはいっていて、面白いトップスです。

 

 

ただ、全体としてちょっとさみしい印象がありますね。まとまってはいるのですが、まとまりすぎていてファッションの面白さをもう少し出せると思います。

 

せっかくトップスがコンパクトにまとまっているので、ボトムスはもっとボリュームを持たせてもいいのではないでしょうか。

 

例えば、同じジーンズにしてもライトブルーのフレアパンツなどと合わせてみてはどうでしょう。

 

トップスもボトムスもぴったりしたシルエットだったらまとまりすぎるところが、ボトムスにボリュームをもたせるとオトナの余裕が感じられるこなれたコーディネートになります。

 

さらにインディゴブルーよりもライトブルーにすることで、ジーンズとは言っても、こだわりも感じられ、余裕のあるアラフィフ「オトナの女性」を演出することができます。

 

10cmぐらいのピンヒールと合わせて街をさっそうと歩くと格好よく決まりますよ。インパクトカラーのクラッチバッグを持つと洗練された印象になります。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

立体感で魅せる白のリブニットは身体にフィットしやすいので一工夫を・・・50代の着こなしポイントをまとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

リブニットのホワイトが爽やかな印象ですね。

 

リブの模様がただのストライプではなく、サイドから内側に向かっていたりと変化があるのが面白いですね。立体感を感じさせることで、痩せ見えやウエストのくびれを感じさせてくれます。

 

リブニットは身体にフィットしやすいので、アラフィフ世代では敬遠しがちかもしれませんが羽織などを合わせて活用していけば怖くありません。

 

 

ボトムスも濃い色デニムで全体的にとてもスリムな印象です。ウエスト周りを隠したい場合はロングカーディガンを合わせましょう。ブラウンやマスタードカラー、モスグリーンなどもこれからの時期にはおすすめですね。

 

 

トップスをコンパクトなシルエットのままにしておく場合は、ボトムスをボリュームのあるものに変えてメリハリコーデにしてみましょう。グレンチェックのタックパンツやワイドパンツならヒップラインや太腿もカモフラージュできます。白いトップスに濃い色のワイドパンツの組み合わせは、パンツの存在感が強く感じられて足長効果があるとされていますよ。

 

ブラウン系のマキシスカートを合わせても上品コーデが出来ますね。甘くなり過ぎないように辛口のパンプスを合わせて大人の着こなしにしておきましょう。

 

ネック周りはデコルテがキレイに見える程度に開いているので、鎖骨を見せて細見え効果を狙いながらシンプルなアクセサリーで女性らしさを追加しておくことも大事ですね。シンプルな着こなしになるので、小物で季節感や個性を楽しんでください。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す