チェックの「GRAIL」スカートと「SEVENDAYS=SUNDAY」白シャツをアラフィフ世代が上手に着こなす方法!

アラサー20代の日常ファッションから、アラフィフ世代への応用コーデを解説します。

若いモデルさんの普段着アイテムを参考に熟年世代のコーデをご提案します!

 


 

「アラサー20代」私のファッション@「SEVENDAYS=SUNDAY」の白シャツに、とGRAILのチェックのミニスカートのコーディネート

白色のシャツのトップスは、SEVENDAYS=SUNDAY千円くらいでした。

 

ボトムスのミニスカートはGRAILで、2千円くらいでした。

 

羽織りのカーディガンはD-conceptで、値段は不明です。

 



 
コーデの思い入れ

トップスは、シンプルなホワイトシャツながら腕ところがふわっとなっているところや胸元がV字になっているところがオシャレで気に入っています。

 

ボトムスは、今年ミニスカートが流行りなので最近購入しました。チェック柄でベルトもついてて形が可愛いところが気に入っています。あとは、ミニスカートにしか見えませんが中は一応パンツになっているのでめくれてしまっても安心です。

 

学生っぽいコーディネートにグレーの羽織を合わせてコスプレ感をなくしました。このミニスカは合わせやすい落ち着いた色味なのでヘビロテすると思います。グレイルは安くて可愛い商品が手に入るのでおすすめです。

 

 


 

トレンドのチェックを大人女性が着こなすためのポイントを解説します

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

トップスは白のぱきっとしたシャツ、ボトムスには大きめのチェックのミニスカート、そこにベージュの膝上ロングカーディガンを羽織っていますね。

 

ロングカーディガンがなかったら、スクールガールのようなかわいいコーディネートです。オトナ女性にとってチェックは難しいアイテムです。

 

特に大きな柄のチェックは学生っぽくなってしまうので、もうチェックは卒業したからおとなになってからは着ないという人も多いのではないでしょうか。

 

今年はチェックがトレンドなので、再度着てみるのもいいですね。チェックをボトムスで着る場合にはとにかくスカート丈に気をつけてください。膝より短いミニスカート丈だとどうしても学生っぽいファッションになってしまいます。

 

ですからなるべくロング丈や膝下のミモザ丈を選ぶようにしましょう。また、プリーツが入ったチェックのスカートはまた学生っぽくみえてしまうので、オトナ女性がチェックを着こなすときにはタイトなシルエットやラップスカートのようなシンプルなかたちがおすすめです。

 

白いシャツに長めのチェックのタイトスカートをあわせると、スクールガールからは卒業して、オトナのぱきっとした清潔感のあるファッションになります。

 

また、チェックのカラーもダークカラーよりもビビッドなカラーが入ったものをえらびましょう。チェック全体でなく一部にビビッドなブルーのラインが入ったチェックだと、一気に華やいで見えます。ビビッドなカラーが入っていると、チェックスカートを主人公にしてファッションを楽しむことができますよ。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

白シャツがきちんと感を演出してくれるコーデです。こっくりカラーのカーディガンと合わせるのもイイですね┃まとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

白シャツがきちんと感を主張してくれる、オフィスでも着られるようなコーディネートですね。

チェック柄のスカートはミニ丈ですが、落ち着いた雰囲気を演出してくれています。

50代ではそのままロングタイトスカートにしたり、ストレートパンツにすると安心の着こなしです。

 

スキッパーシャツなど首元がV字に開いたトップスはデコルテがキレイに見えますし、細見え効果も抜群なのでありがたいですよね。

 

今回の写真のように襟が大きめのものなどは小顔効果も期待できますし、オフィスには勿論、カジュアルにも合わせられるので1枚持っているという方も多いでしょう。

 

羽織のロングカーディガンも万能アイテムですが、シャツも白でボトムスもグレーなので50代ではもう少し鮮やかな色のものにしても良いですね。

 

白シャツはレフ板効果でお顔まわりを明るく見せてくれますが、目鼻立ちのはっきりしたお顔なら問題ありませんが、そうでない場合は淡い色ばかりではお顔周りがぼやけたり、くすんで見えたり、更には老け込んで見えたりしてしまいレフ板効果が台無しです。

 

マスタードカラーやロイヤルブルーなどこっくりカラーのカーディガンと合わせるか、キレイ色のストールと合わせると一気に華やかな雰囲気になり、若々しい雰囲気を作る事が出来ます。

 

羽織りものに鮮やかな色を持ってくるのに抵抗のある方はボトムスをボルドーなど赤系が入ったチェック柄のAラインスカートを合わせ、首元に同系色のマフラーやスカーフを合わせるのもオシャレです。

 

新しい色に挑戦するのは勇気がいるかもしれませんが、雰囲気を引き締める効果もあるので是非取り入れてみて下さいね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す