カーキ色のカーゴパンツを主役にしたアラフィフファッションをご提案します!

アラフィフ世代のコーディネートに若いモデルさんの日常ファッションを参考にしてみました!

フリーズマートのカーキ色のカーゴパンツを熟年世代が見栄え良く着こなす方法。

 


 

「アラサー20代」私のファッション@「SEVENDAYS=SUNDAY」の白ブラウスに、「フリーズマート」のパンツ、「ローリーズファーム」のロング丈カーディガンを合わせました

白色のシャツのトップスは、SEVENDAYS=SUNDAY千円くらいでした。

 

ボトムスのパンツは、フリーズマート5千円くらいです。

 

上に着たカーディガンはローリーズファームで、4千円くらいでした。

 



 
コーデの思い入れ

爽やかな配色のコーディネートにブラウンのニットカーディガンを合わせました。

 

トップスは、シンプルなホワイトシャツながら腕ところがふわっとなっているところや胸元がV字になっているところがオシャレで気に入っています。

 

カーキ色のボトムスはあまり買うことはないのですが、こちらはいつものコーディネートとは違う風に見え、爽やかな印象になる為気に入っています。上部の端のところがほつれたような加工になっているところがお気に入りです。ハイウエストですが履き心地はデニムと変わらない為、動きやすいです。

 

カーディガンは、ゆったりしたデザインとロング丈になっているところが気に入っています。ただ、ちくちくする素材なのでもうすこし違った素材が良かったなーとは思います。あとは、ただでさえロング丈なのにハンガーにかけておくと更に伸びしてしまうところが残念です。

 

 


 

カーキのカーゴパンツを中心に50代の着こなし術をご提案します

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

トップスには白のシャツ、ボトムスにはカーキのカーゴパンツでまとめて、上にはベージュのロング丈のリブカーディガンを合わせています。色的にはシックなのですが、全体的にシルエットを隠してしまうと重く見えてしまいます。

 

カーキのカーゴパンツを中心にコーディネートを考えてみてはどうでしょうか?

カーゴパンツはサイドに大きめのポケットがついていて、腰回りが大きく見えるアイテムです。おしりが気になるからカーゴパンツは避ける人もいますが、それを逆手にとればいいのです。

ポケットがついて腰回りが大きくみえるのならば、トップスはぎゅっと引き締めればいいでしょう。例えば、トップスには黒のリブタートルネックセーターを持ってきて、ボトムスにインすればパンツがメインになったコーディネートになります。

 

トップス、ボトムス、どちらかにバギーなアイテムを持ってくる場合には、もう一つのアイテムはタイトなアイテムにすれば、大きくだらっとした印象にはなりません。

また、首、手首、足首をだすと、バギーなアイテムでも女性らしく華奢な印象をだせるので、なるべく出すようにしてください。

 

カーゴパンツの場合、7cm以上のヒールでもいいですし、ブーティーで足首のしまった細身のものであれば、足首の部分が細く見えます。ローヒールパンプスは楽なのですが、バギーなボトムスのときにあわせてしまうと、下半身が大きく見えてしまいます。バギーな部分とタイトな部分とを組み合わせることによって全体のバランスを取りましょう。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

カジュアル感のあるカーキ色のボトムスに、アースカラーを合わせるコーデがイイですね┃50代の着こなしポイントをまとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

カーキ色のボトムスがメンズライクでカジュアルなコーディネートですね。

ハイウエストで足長効果が抜群です。

今回はボトムスがカーキでカーディガンもブラウンと、アースカラーのコーディネートになっていますね。

 

特に今年もブラウンはトレンドなので、このブラウンのロングカーディガンを主役にしたアースカラーコーデはおすすめです。

 

白シャツは大人のきちんと感を演出してくれますからカジュアルなコーディネートにするときに取り入れておくと良いですね。

 

V字に開いたデコルテはしっかりと見せて女性らしさを表現させておくことも大事です。

カーキ色のボトムスがカーゴパンツやワークパンツのような雰囲気で、若い世代の方にはオシャレですが50代ではストレートパンツやテーパードパンツなど、スッキリとしたラインのキレイ目なパンツの方がオススメです。

 

スカート派の方はカーキ色やオリーブ色のタイトスカートなどが上品にまとまります。

アラフィフ世代では、アースカラーのみでのコーディネートになると老け込んで見えてしまう危険性もあるので小物でさし色をしておきましょう。

 

カーキにもブラウンにも赤は相性抜群ですから、真っ赤なパンプスを合わせてみると一気に華やかになります。

 

バッグはネイビーなどの濃いめの色のクラッチバッグを合わせると雰囲気も引き締まりますね。

 

アースカラーは地味だと思われがちですが、白を取り入れたりさし色をすることで明るいイメージにもなりますから、色の組み合わせをどんどん楽しんでくださいね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す