TOPSHOPのプチプラ若コーデを50代にも!┃猛暑日をノースリーブ&デニムのフェミニンスタイルで決めましょう♪

千円プチプラトップスの50代向けコーデのまとめ

今どきのアクティブ50代の方に向けて、若者コーデを取り入れてファッションの幅を広げていこう!、という連載シリーズです。

 

【私の真夏日ファッション@TOPSHOPの1000円ノースリーブトップスとデニム】

トップスはTOPSHOPなので、安かったです。

確か千円くらいだったと思います。

 

ボトムスのデニムは、だいぶ前からあるのでどこのブランドかわかりませんがジッパー部分が少し変わっていて気に入って購入しました。

 

▼▼▼▼

 
コーデの思い入れ

今日も真夏日、ということでノースリーブの服を選びました。

 

トップスは、かっこいいスタイルでもありつつリボンのデザインでかわいさもあります。合わせやすいトップスなので何を合わせても良いのですが、今日はデニムを履いてカジュアルなスタイルにしました。

 

タイトに見せてくれるけど伸縮性のある履き心地の良いデニムで気に入っています。

 

ただ、若干緩くなってきたので足を細く見せる為にももう少しサイズが小さめのものが良かったかな、と思います。トップスは、デニムの中にインすることによって膨張して見えるのを防ぎます。アクセサリーは控えめに、シルバーの時計のみチラッと見せています。

 

 

【50代女性はぴったりした洋服はNG?!着こなしポイントを甘くささやきます】

モノトーンが全体を引き締めてくれるジーンズコーデです。トップスはTOPSHOPの物でプチプラアイテムです。襟やデザインの配色がとてもおしゃれです。

 

モノトーンの黒色の配色が絶妙で、着やせ効果も抜群です。ノースリーブなのでバランス良くすっきりと見せてくれます。

 

パンツはジッパーが特長的なハイウエスト濃紺ジーンズです。腰回りの切り替えデザインがほっそり見えて高めのウエストをアピールできます。トップスはインして合わせるのがおすすめです。トップスが個性的なので、ボトムスはベルトなしのデザインがマッチします。

 

靴はプレーンなパンプスが良いでしょう。無難な色は黒色やベージュですが、おすすめはくすみがかったオレンジ色です。一点投入するだけでコーデのポイントになります。

 

くすみがかったオレンジ色が50代女性に馴染んでコーデに華を添えます。

 

バッグは小さめ革製品のショルダーバッグが合います。色は靴とのバランスもとれるオレンジやベージュも良いでしょう。アクセサリーは華奢なネックレス、シンプルなものが合います。

 

デイリーコーデの印象があるので、50代女性はカチッとしたコンサバ系の小物でクールビューティーを作りましょう。こなれた雰囲気に仕上がります。

 

全体的にタイトなスタイルですが、ロングパンツのジーンズとノースリーブ合わせで程よい肌見せを演出しています。「50代女性はぴったりした洋服はNG?!」と思い込んでいませんか?

 

上品な肌見せで上級の着こなしができます。今夏おしゃれに磨きをかけて、いつもと違う私を演出してみませんか。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

【トッパーカーディガンを合わせて素敵50代に!┃しょっぱくささやきます】

特徴あるモノトーンのトップスとすっきりスリムなデニムの組合せです。

 

トップスはデザインを生かすために後ろ開きになっています。ゆったり開いたUネックがそれほど間延びして見えないのは、大きなリボンを張りつけたような切り替えの視覚効果でしょう。

 

が、50代でスリムな方がUネックを着ると開きが下がりすぎてホントに間延びして見えます。ふくよかな方向きですね。鎖骨と襟ぐりの中間にペンダントトップがくる長さのネックレスを着用します。

 

色は肌なじみの良いつや消しのゴールドかシルバーで。一枚で着てもスッキリ着られますが、トッパーカーディガンを合わせても素敵ですね。

 

重くならないよう透ける素材で、着丈は 太ももが軽く隠れる程度。

 

オフホワイトやペールグレー、縦にごく細いうね感のある生地で痩せ見え効果を狙います。

 

デニムを合わせるなら画像のようなスリムで、ウォッシュ加工の少ないきれいめのインディゴで。トップスを一枚で着るならポリエステル等落ち感で揺れる素材のワイドパンツや上品なミモレ丈スカート、膝下丈のプリーツ加工されたスカートなどでもいいでしょう。

 

それぞれ黒を合わせます。靴は、黒。パンツなら表面感のあるシンプルなもの、スカートなら甲に飾りの付いたものを合わせます。

 

バッグは差し色にワインレッドやマスタードなどはいかがでしょう?イヤリング(ピアス)はつや消しゴールドのさりげない物にして。モノトーンコーデにはどこか一点パッと明るい色を投入するとよく映えます。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

【ロングカーディガンが50代の着こなしポイント!┃まとめます】

トップスが個性的なデザインのリボントップスで、下はハイウェストのストレッチジーンズに見えます。

 

単品でこのままだとシンプルすぎるコーディネートに見えるので、アイテムをひとつ追加したいです。

 

羽織りものとして、ロングカーディガンを使ってみる。

 

今年トレンドの、ふくらはぎ近くまである丈のロングカーディガンは色々なパターンで重宝して使えます。デザインも、無地やレースの花柄、涼しげな楊柳生地も出ています。

 

トップスがモノトーンのカラーなので、黒のレース花柄のロングカーディガンを羽織ると同系色で落ち着くのと同時にエレガントに見えますし、今時期であれば楊柳素材(細長く縦にしわ加工をしたような薄い生地)も七分丈で涼しく過ごせます。

 

一緒に合わせているジーンズはファスナー部分が変わったデザインで、ハイウェストのストレッチのようですが、履いたときには大丈夫でも時間がたつと圧迫されて足がむくみやすくなったりする可能性があるので、トップはともかく、下に合わせるボトムスは少しゆとりをもったデザインが最適かと思います。

 

最近はウエスト部分が全体にゴムが入っていたり、後ろだけ一部切り替えで入っている仕様がほとんどなので、選びやすいです。

 

ボトムスはウエスト部分にタックがありかっちりとしたテーパードパンツでも合います。ドレープの少し入ったものも多く出ています。

 

足首が見えるくらいの少し短めの丈がすっきり見えておすすめです。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 
… …・ ・ ・ きりとり ・ ・ ・ … …


ステきら50代。




最新情報

コメントを残す