旦那用に購入したダボっと白Tを50代がオシャレに魅せるコーデまとめ

【ご主人のライトオンのユルだぼTシャツを40代、50代に映えるように魅せます!】

今どきファッションを楽しむ4,50代の方にコーデのセンスを磨いていこう!という、連載シリーズです。

 

【私のファッション@ライトオンのバックナンバー】

トップスも、ボトムスもRight-onのback numberものです。

白トップスはゆったり着たかったのでメンズLサイズです。セールで980円でした。濃緑スカートは2980円でした。

 

▼▼▼▼

 
コーデの思い入れ

トップスは夏は汗じみが気になるので白を選ぶことが多いです。この白のトップスははじめは主人に購入しましたが、洗濯すると少し縮んでしまったので私にちょうど良い丈と幅になりました。

短い丈だと、身長とのバランスが気になるので少し長め丈を選ぶようにしています。

スカートは、濃緑のロングスカートがほしかったので見つけて即買いでした。ウエストがゴムなので気楽に履けます。コーディネートは無地のもの同士を合わせることが多く、靴下に柄物を持ってくることが多いです。

あまり流行とかに敏感ではないのでセールで購入した中で気に入ったものを長く着用することが多いです。

 

 

【トップス前だけインがイイですね。50代のコーデのコツを甘く語ります】

暑い夏でも、白トップスと濃緑のスカートが涼しげです。おしゃれファッションでワンランクアップできます。

白トップスはメンズLサイズのTシャツです。着丈もゆったりしているのでオーバー気味に着るのがポイントです。濃緑のロングスカートは着丈が長く少しタイトな作りです。シンプルな白トップスとの合わせで爽やかな着こなしになります。

トップスを前だけインして着るとスッキリして、脚長効果がありおすすめです。

スカートは晩秋まで着られて長く楽しめます。トップス、ボトム共に着回せるのでマストアイテムですね。

50代の女性もシンプルな洋服にアクセサリーや小物使いをすることで、若々しいファッションとなります。

アクセサリーは大ぶりのイヤリングやペンダントを合わせて、カゴのバッグを持つとぐっと夏らしくなります。靴はフラットなサンダルでメタリックカラーが入ったものや、エスパドリーユにすると、リゾート感が増します。

シンプルコーデなので、大胆な小物使いでも派手にはならずオシャレに、まとまります。

白Tシャツだけだと普段着すぎて敬遠してしまいがちですが、ロングスカートを合わせる事で高見えします。今夏、白×黒コーデがトレンドになっています。

スカートが色味が濃緑なので、白×黒コーデのようにも見えます。トップスとの相性も良いです。透け感のある素材のプルオーバーにしたり、同じ白のトップスでもレース素材の物だと女らしさが出て、ブラッシュアップします。

この夏、セールをうまく利用してリーズナブルにおしゃれを取り入れましょう。お出かけしたくなるコーデをして、アクティブにファッションを楽しみましょう。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

【50代の普段着使いにはありなゆるダボコーデです┃しょっぱくささやきます】

胸ポケットがさりげないポイントのゆったりしたトップスと、50代お得意のモスグリーンのミモレ丈スカートの組合せです。

いろいろボディラインが不都合な大人女子の中には頑張って「理想とするサイズ」を着て、残念な結果になってしまっている方がいらっしゃいます。(ごめんなさいっ)

いっそのことワンサイズ大きめを着た方が痩せて見えるんですけどね。でも、この画像のように上もダボッと、下もダボッと、ゆるく着れるのがイイですよね。!

リラックスな普段着使いとしてはありです♪

でもいっそのこと、ここではそれぞれ別のアイテムを投入するとしましょうね。

まず、トップス。いい感じの開き具合いのボートネック。比較的スリムな方にお似合いです。ふくよかな方が着ると窮屈そうで、せっかくの豊かなお胸が泣いちゃいます。

胸ポケットを生かしてネックレスはせず、ブラウンのベルトでウエストマークします。三編みしたようなメッシュベルトやターコイズの飾りがついたカントリー調などで少しブラウジングして裾が上がるとボトムスの分量が増し足長に見えます。

バッグや靴もカントリー調にして、バランスをとるためにイヤリング(ピアス)は小さめで。白のトップスに合わせるボトムスの色は選びません。ウォッシュ加工されたデニムスカートもよし、マスタードや細畝コーデュロイは秋口まで活躍します。デニムパンツは…やめときましょう、子供っぽくなります。

モスグリーンのスカートには、レースやフリルのついたフェミニンなカットソーもよく合います。シャツインで飾りバックルの黒のベルトをすれば、シャイな50代女子もすんなり着こなせると思います。黒のケリーバッグでプリンセス気分です。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

【袖ロールアップと裾スカートインが50代のコーデポイント┃まとめます】

トップスがメンズサイズだと袖の形がゆとりをもって作られているため、暑くても風通しが良く、レディースのカットソーTシャツとは違って楽に着られます。

襟ぐり(ネックライン)は少し横に広がったボートネックっぽいデザインで、首回りもそんなに開かないので、50代の方には着まわしやすいアイテムかと思います。細目のゴールドのネックレスを付けてもいいですね。

こちらのTシャツはメンズなので肩幅が広く、着た時に肩が落ちて袖丈が長くなります。

もちろん肩幅はきっちり合っていなくてもいいのですが、そのまま着ただけでは平坦に

見えてしまいます。

この場合、メリハリのある着こなしに変える為に袖をロールアップして短くします。さらに裾は出さずに、スカートの中に入れると今年の着こなしに変わり、見た目のバランスもとても良くなります。

白Tシャツを上に出してそのま着る場合は細いチェック柄のシャツを合わせるとアメカジ風になります。チェック柄は太い幅ではなく、細い幅を選びます。

太い幅のチェック柄は50代くらいだと着た時に逆に地味に見えることがありますが、細目のチェック柄だと若々しいオシャレなお洒落な雰囲気になります。スカートの配色(濃緑)にあわせて、シャツは赤×濃緑の配色をあわせても素敵です。

また、上が長めのTシャツを着た場合は下にスリムなストレッチジーンズか、クロップトパンツといった足首が見えるパンツスタイルにすると全体に華奢な印象で細見えします。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 
… …・ ・ ・ きりとり ・ ・ ・ … …


ステきら50代。




最新情報

コメントを残す