アラフィフが娘コーデを決める♪脱おばさん着こなし術!

娘ファッションをアラフィフ世代が着こなすポイントをまとめました

40代、50代が娘コーデをお手本に、お歳に合わせたアレンジでファッションセンスを磨いていこう!、というシリーズです。

 

私のファッション@GRAIL&LADYMADEの甘若コーデ

デニム生地のトップスはネット通販のGRAILで約3千円、白色のハイウエストのボトムスはLADYMADEで約1万5千円です。

トップスの袖部分が女の子らしくひらひらしていて可愛いです。

ボトムスはハイウエストで足長効果があります。

 



 
コーデの思い入れ

今日は、夏らしいデニム生地のトップスを着ました。いつもはガーリーなこのトップスに、スカートを合わせてガーリーなテイストにしがちなのですが今日は大人っぽく見せる為にハイウエストな白色のボトムスを着ました。

そして、それを活かす為にデニムのトップスは中にインしています。

足長効果がかなりあるので気に入っています。靴は、更に足長効果を出す為にヒールのあるサンダルを履いて、青と白で全体的に夏っぽい色合いにしました。

アクセサリーもつけてアクセントにしています。髪もその雰囲気に合わせて、ポニーテールにしています。

 

 



 

「娘さんの借り物」感をなくすアラフィフ着こなし法!┃甘しょっぱく解説します

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

着心地の柔らかいなデニム地で袖ぐりにたっぷり使ったフリルが特徴のノースリーブブラウスと上品な白ワイドパンツのコーデです。

お若い方ならこのフリルが愛らしく、弾ける若さを演出できますが、50代大人女子には、うーん……「娘さんの借り物」感がでてしまいます。

せっかくのデザインですが 、カバーさせて頂きましょう。(汗)

薄地のカーディガンではフリルのボリュームが浮き出てモコモコしてしまうので、少し張りのあるジャケットを羽織ります。

素材は厚みのある麻。

お色はベージュ系か白。

ボタンを思いきって2つ開けて短めのネックレスをします。襟がピンッと立つようにしっかりアイロンをかけます。(ここ、ポイント!)

薄手のデニムは洗ってそのままだとクタッとしてしまいます。

いつもは洗いざらしが魅力のデニムですが、ここではきれいめに着るために一工夫です。秋が深まってくるとスカーフを襟のインやアウトに結んでもいいですね。

ボトムがまた、素敵です。ハイウエストで脚長効果は抜群です。

ベルト通しがついているので、同色ホワイトの細ベルトでさりげなくウエストマークしてもよし、白やベージュのカットソーをシャツインして差し色として赤の入ったスカーフをリボンベルトとしてアクセントにしてもよし、ブルー系のトップスなら紺の入ったリボンベルトで。

生地や作りがしっかりしているので、ボトムラインに自信が…な、、、50代でもしなやかに着こなせるでしょう。

きちんと感のあるパンプスやバックバンドサンダル、ミュール、甲にポイントがあるタイプを選びます。

お色は白。

アンクルベルトはボトムにボリュームがある分、脚のラインが途切れてしまうのでなるべく避けます。

バッグは全体的に白っぽければ差し色で赤系かブルー系(トップスの色味に合わせます)で引き締めます

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

フリルやガーリーなトップスを着ないアラフィフの方も、ボトムス、小物をシンプルに!┃甘ーく解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

清涼感のあるブラッシュアップされた夏コーデです。

トップスはノースリーブのデニム調フリルシャツで可愛らしい印象です。ボタンをしめる事で、清楚な雰囲気になり、スッキリと見えます。パンツは白色のハイウエストワイドパンツです。

まっ白な色がデニムを引き立たせます。爽やかなワイドパンツで軽快に動けて旅行にもおすすめなアイテムです。ハイウエストで細見えして脚長効果もあります。

トップスのフリルシャツとの合わせで甘すぎず、大人っぽく着られるので、50代の女性にも似合います。

靴は紺のパンプスや、エスパドリーユが素敵です。

バッグも紺のショルダーバッグや、バンブートートバックがおしゃれに決まります。アクセサリーはシルバーやゴールドのフープイヤリングや、シンプルなバングルが良いでしょう。

マリンテイストの小物も、コーデとの相性がよいのでおすすめです。

普段フリルやガーリーなデザインのトップスを着ない方も、パンツや、小物をシンプルにして着こなしてみましょう。

さりげない可愛さが出ておしゃれなスタイリングが叶います。

定番デニムではなく、雰囲気の違うデニムシャツがポイントになり、コーデが広がります。

おでかけ着にぴったりな装いで、この夏を思い切り楽しみましょう。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

甘めスタイルを抑えたい時は黒のテーパードパンツで合わせましょう!┃アラフィフ着こなしポイントまとめ

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

デニム風の襟付きフリルブラウス。袖にボリュームのあるトップスとは相性の良いロングのボトムスを合わせているので、Iラインになってキレイに見えます。

フリルでも襟がついているので、ボタンを全部留めるときちんとしたスタイルになりますが、ちょっと窮屈に見えることがあります。そのため、カジュアルダウンして50代の大人の着こなしにするには、少し着方を変えてみてもいいと思います。

一番上のボタンだけはずして、イヤリングやピアス、ネックレスを付ける

・ブラウスの裾は出して着る

・裾を入れる場合は、ベルトをしてウエストマークする

甘めスタイルを抑えたい時は黒のテーパードパンツなどを合わせてみる

袖のフリルが特徴なので、ボトムスはシンプルにメンズライクなものを選択するとフリルを合わせても子供っぽくならず甘すぎず、50代にも着回しやすいスタイルになります。

靴はグレー×白などのスニーカーや、黒無地のスリッポンがすっきりと見えるのでおすすめです。

バッグは肩掛け部分が長めのタイプを合わせても、ブラウスとボトムスの雰囲気に合うかと思います。このときに靴の色と配色をほぼ同じものにすると、全体のコーディネートがまとまって失敗しないです。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 
… …・ ・ ・ きりとり ・ ・ ・ … …


ステきら50代。




最新情報

コメントを残す