花柄模様が素敵な黒シフォンカーディガンと白Tコーデを4,50代も着こなします!

30代の着こなしお手本ファッションを50代が着こなすポイント

若者コーデをアレンジしながらセンス良い熟年世代を目指そう!、というシリーズです。

 


 

私のファッション@Apuweiser-richeの花カーディガンとユニクロ白T、H&Mデニムのコーディネーション

上に羽織っいるお花の刺繍のカーディガンはApuweiser-richeで25000円程で購入したもので透け感がある素材のものです。

 

中に着ているTシャツはUNIQLOで1500円程で購入したものです。

 

ボトムスはH&Mで2980円程で購入いたしました私のお気に入りのデニムです。

 



 
コーデの思い入れ

今回のコーディネートは上に羽織ったカーディガンがポイントのコーディネートです。

 

おしゃれに日焼け対策をしたいなと思い購入したカーディガンで春頃から使えて刺繍のお花がとっても綺麗で暑ーい夏でも透け感があるので長袖を着ていて暑苦しく見えず袖も広がっているデザインで全体的に風を通すので涼しいため重宝しております。

 

カーディガンをいかしたいため、中はシンプルに白いTシャツにデニムを合わせております。

 

中のTシャツを柄物などにしてしまうと、せっかくの綺麗なお花の刺繍と喧嘩してしまうかな?と思い私の中ではこのカーディガンを羽織る際はこのコーディネートがベストだと思っております!

 

後は、ヒールと籠バックなどを合わせて歩けば風でヒラヒラカーディガンがなびいて、なんだか涼しげに見えます。

 

 


 

素敵な花模様のカーディガンをお洒落に50代が着こなします!┃甘しょっぱい解説です

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

黒シフォンの花模様が素敵なカーディガンに白のシンプルなトップスとスキニーデニムを合わせたコーデです。

花柄は案外難しいもので、着る人のキャラに合っていないと違和感が一目瞭然ですが、この柄の出方は派手すぎず地味すぎず絶妙ですね。

画像のモデルさんはお若い方のようにお見受けしますがこのコーデ、50代でも難なくトライできそうです。

お若い方なら他にもタンクトップとショートパンツを合わせるようですが……勇気が要る!

そこでこのカーディガン、黒のワンピースの上に着て前を閉じます。

ボタンが付いてなければお手数ですが100円ショップでスナップボタンを購入して付けて下さい。

ワンピに共布リボンベルトが付いていれば上から結び、なければ細ベルトでウエストマークします。少し裾が持ち上がりますが、裾がカーディガンの裾から出ないようにジャスト丈か少し丈の短いものを合わせます。

お袖はノースリーブで色は黒。襟ぐりはUネックでなければ何でも合うと思います。スタンドネックやボートネックにやや長めのネックレス、ラウンドネックやVネックにチョーカーを合わせます。

UネックにVネックを重ねるとだらしなくなるし、ステンカラーや浅いテーラードカラーを合わせると、「昭和の薫り」が……。

膝丈で少しカジュアルなワンピコーデなので、バックバンドサンダルやミュールなどカッチリしすぎない、且つきちんと高さのあるヒールを合わせます。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

黒花柄には差し色のイエローで!┃アラフィフ着こなし術を甘く解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

今から秋まで使えるトレンドを取り入れた甘辛コーデです。

トップスはシンプルなボートネックのUNIQLOの白Tシャツです。タイトなTシャツが女性らしく見えます。

上に羽織っているお花の刺繍のカーディガンはApuweiser-richeの物です。透け感のある素材で今の時期は冷房対策にもなり、お花柄がアクセントになっていて可愛いです。

ボトムスはH&Mのデニムパンツです。ストレッチで着用感良く、脚長効果のあるデニムです。

差し色にマスタード色のパンプスを持ってくると洗練された印象になります。バッグはシンプルなかごバッグや、ベージュ系のショルダーバッグがおすすめです。

花柄の羽織ものでアクセントがあるのでアクセサリーはシンプルにして、差し色のイエローで遊びを取り入れましょう。

デニムをロールアップして足首を見せるとよりバランスがとれます。

定番アイテムにフェミニンなものを合わせると甘辛ミックスで、おしゃれ度もアップします。透け感のあるブラックで落ち着いた雰囲気にもなるので、50代女性に着てほしいアイテムです。

秋頃までロングシーズン使えて着回しができます。

これからもトレンドを押さえながら、おしゃれをもっともっと楽しんで日々を充実させたいですね!

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

華やかな黒ベースの花柄カーディガンにはレギンスで合わせるとイイですよ!┃まとめ

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

定番の白Tシャツとデニムパンツにシフォンのガウンカーディガンを合わせて、さらりと着こなしています。

黒の柔らかなシフォン素材にピンクや白、グリーンの繊細な花柄刺繍を施したApuweiser-riche(アプワイザー・リッシェ)のガウンが大人可愛く見せてくれます。

このスタイルのまま、黒のベレー帽やキャスケットを合わせても旬の秋のガウンコーデが完成しますが、Tシャツの丈が少し中途半端に見えてしまうので、できれば裾は中に入れてウエスト部分もベルトを足していただくと、足長に見えて上下のバランスもより良くなります。

短めトップスにデニム、上着にはロング丈の上着というのはよく見かけるスタイルですが、50代くらいの大人女性が着こなす場合は、中のトップスをワンピースに変えるだけで、上品な大人スタイルにできるかと思います。

さらにワンピースの下にレギンスを履いていただくと、簡単に今年トレンドのスタイルに変わります。

素材もワッフルやリブニットといった肌触りが良く、ゆったりサイズのものが多く出ていて、履きやすいので50代の女性にもおすすめです。

秋に向けて特に肌寒いときには足元の冷えから守ってくれますし、おしゃれな大人の印象にもできます。

デザインも今年は裾のサイドにスリットが入っているタイプもあり、足元をより女性らしく演出してくれます。

靴やバッグはデニムの場合はオレンジやイエロー、グリーンといった秋のカラーをワンポイントで取り入れ、レギンスの場合はシックにモノトーンのカラーを持ってくると無理のない大人スタイルで表現できるかと思います。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す