30代の白T&デニムのカジュアルコーデを50代にも!

センス良い30代のコーディネーションをアラフィフ世代が取り入れるポイントをまとめました

30代のお洒落なコーデを見習って熟年世代もファッションセンスを磨いていこう!、というシリーズです。

 


 

私のファッション@Championの白Tシャツとデニムの30代コーデ

トップスはNATURAL BEAUTY BASICで購入したChampionのTシャツ。

 

3000円程で購入したものだと思います。

 

ボトムスはH&Mで2980円程で購入いたしました私のお気に入りのデニムです。

 

腕に巻いているスカーフはBershkaで1500円程で購入したものです。

 

細めに折って腕に巻く事でアクセントとして使用しております。

スカーフはお値打ちに購入いたしましたが、かなり使い回せるため重宝しております。

 



 
コーデの思い入れ

今回のコーディネートはカジュアルなシンプルコーデですが腕に巻いたスカーフで少しアクセントを効かせております。

 

NATURAL BEAUTY BASICで購入したChampionのTシャツは実は友達とライブに行く際におそろコーデをしよう!という事で友達と同じTシャツをおそろコーデのために購入したものだったのですが初めてChampionのTシャツを購入した私はChampionTシャツの着やすさや形の良さが気に入りよく愛用する様になりました。

 

白いTシャツにデニムというスタイルは個人的に好きなのですがシンプルすぎて遊び心が足りないかな?と思いましたのでスカーフを巻いてみました。

 

スカーフの中には赤色が入っているためデニムに赤を合わせるのは相性がいいかな?と思います。

 

後は大ぶりのピアスなどをつけて可愛く仕上げたいと考えております。

 

 


 

三色でコーディネートする完成度の高さは50代にもピッタリです!┃熱く解説します

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

胸ポケットと袖口のロゴマークがポイントのシンプルな白Tシャツにスリムなデニム。

 

ブレスレット代わりにスカーフを結ぶコーデです。

 

個人的にこういったさりげないお色合わせ、好感が持てます。

 

チャンピオンのロゴの赤、青と地色の白で「安定の」トリコロールカラー。

 

これにリンクさせるようにスカーフも赤、紺、白。デニムのインディゴと相まってまるでパリジェンヌのよう!

 

三色でコーディネートをする完成度の高さは50代の大人世代には、むしろお得意な方も多いのでは?

 

落ち着いた服装を好む方もこの画像のコーデならすんなり受け入れられると思います。

 

小物を足すならバッグと靴です。黒のショルダーバッグにこのスカーフを結び黒のローヒールパンプスを合わせます。甲にベルトやリボンの飾りが付いたものなら大人の可愛さをプラスしてくれます。

 

「あと少し何か欲しい!」

という方はバッグをマスタードに代えてもいいですね。

 

都合4色になりますが、思ったほど「暴れた感」はありません。

 

バッグが黒で靴がマスタード、またはその逆と、どちらか一方を黒にすれば大人の落ち着きを表せます。

 

デニムのスキニーの代わりにブルーのミモレ丈Aラインスカートも合いそうですね。

重くならないように、少し透ける涼やかな素材が良いでしょう。

いずれのボトムでもスニーカーではなくローヒールのパンプスを合わせて下さい。

 

スポーティーな白Tシャツが品の良いカットソーになります。ヒールが億劫になってきた50代の方でも楽に美しいカジュアルが叶います。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

シンプル定番デニムをお出かけ着にブラッシュアップ┃甘ーく解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

今回はシンプルな定番デニムを使って、お出かけ着にブラッシュアップしてみましょう。

トップスはNATURAL BEAUTY BASICで購入したChampionの白Tシャツです。

 

Championの袖ロゴがワンポイントになっている、タイトなTシャツです。ボトムスを選ばず、体のラインにフィットするので、スッキリと見えます。

 

ボトムスはH&Mのデニムパンツです。スキニーパンツでストレッチがきいており、動きやすいです。

 

コーデのポイントとして、トラッド風に腕にBershkaのスカーフを巻いています。細めに折って腕に巻く事でアクセントをつけています。

 

スカーフは、首やバッグに巻いたりと使い回せるため重宝します。

デニムは、裾を折り返して足首を見せると良いです。

 

ビット付きのローファーミュールを合わせるのがおすすめです。程よくかっちりして決めすぎないコーデに仕上がります。

 

50代女性にイチオシのスタイリングは、カーキ色の襟付きロングシャツを合わせるコーデです。スカーフはかごバッグに巻くと良いでしょう。とろみのあるシャツを使えば、より女性らしさが増します。

 

またまだ暑いですが、秋を意識した色や素材のアイテムを取り入れていきましょう。

 

いつもの普段着にひと手間プラスするだけで、若々しいコーデに変身します。色々なスタイリングにトライして

 

おしゃれを楽しみましょう。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

シンプルコーデにはバッグだけハイブランドにして格上するのがポイント┃まとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

白Tシャツにデニムブルーのジーンズを合わせて、ストライプ柄のスカーフをアクセントにしたシンプルコーデ。

 

NATURAL BEAUTY BASICのTシャツは丸首の程よい空き具合で、Championのロゴが入っている袖も細いつくりで女性らしいラインです。胸ポケットの効果でバストの位置を高くスタイル良く見せる効果もあります。

 

Bershka(ベルシュカ)のスカーフは腕に巻くとちょうどいいアクセントになっていてとてもお洒落です。

 

他のアレンジでは、もうひと巻きして端が垂れないように内側で短く結んでしバングルのようにしてみる方法もあります。スカーフのアレンジは腕以外にもバッグの持ち手に巻いたり、首に簡単に結んだりと色々ありますが、スカーフの中のどれか一色をネイルに使ってみても素敵です。指先にも気を配ることで、50代の大人スタイルにできるかと思います。

 

また、こちらはコンパクトなTシャツなので裾を中に入れて着てももたつかず着られそうです。

 

デニム以外にもボトムスは、チノマキシスカートといった丈が長めで裾が広がり過ぎないデザインも大人の女性には上品で似合います。この場合、裾は中に入れてベルトをする方がすっきり見えます。

 

色はベージュが他のアイテムとも合わせやすいですが、バッグや靴だけスエード素材を使うと秋の雰囲気にできるかと思います。

 

50代の大人スタイルだと、シンプルコーデにバッグだけハイブランドにして格上げする方法もおすすめです。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す