ストライプパンツとスナイデルのトップスをアラフィフもおしゃれに決めちゃいましょう!

おしゃれな20代ファッションを40代、50代が取り入れる方法のまとめ

お手本ファッションなセンスいいアラフィフを目指して、20代の若者コーデをアレンジしていこう!、というシリーズです。

 


 

私のファッション@スナイデルのトップスとローリーズファームのストライプパンツの20代コーデ

スナイデルのカーキ色のトップス(約6千円)。

 

ローリーズファームのストライプのパンツ(約3千円)。

 

トップスは後ろが大きく開いたデザインなので、必ず白のインナーを着るようにしています。

 



 
コーデの思い入れ

今日は、あまり着ないカーキ色のトップスに、足首の丈のストライプの少しワイドめなパンツを合わせました。

 

トップスは、後ろでリボン結びができるようになっているのですがすぐにほどけてしまい、気づきづらいのが難点です。

 

あとは、ゴムがおへその上辺りまで着てしまうのでハイウエストにできるボトムスでないと変になってしまいます。

 

ボトムスは、ストライプはあまり好きではないのですが履き心地が良いところが気に入っています。

 

アクセサリーは色味を足す為にゴールドの時計とネックレスをつけています。靴は少しヒールのある靴で大人っぽく見せています。

 

 


 

カーキのVネックトップスと白ストライプガウチョパンツを50代も着こなします!┃熱く語ります

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

カーキのVネックトップスと白ストライプガウチョパンツのコーデです。

 

トップスは衿の前後が大きく開いたデザインが特徴です。トレンドの抜き衿ですね。後ろ衿ぐりにレースをあしらったりリボン結びする紐がついていたりするタンクトップをインに入れると肌の露出を抑えられて抵抗なく着られるでしょう。

 

ボトムはこの秋流行りのストライプ。ベルト無しで脚長効果を狙います。50代大人世代もこのまま着て全く問題なし!でもそれぞれステキなアイテムなんだからトコトン活用!もう少しコーデを考えてみましょうか。

 

トップスにボリュームがあるからすっきりシルエットの紺ストライプ、テーパードパンツを合わせます。こちらもベルト無しで。カーキと相性のいいキャメルのパンツでもいいですね。

 

アンクル丈で足首を出し、ペタンコヒールのバレエパンプスで大人可愛く仕上げます。甲に小さなリボンのついたエナメルやツイードでぐっと秋らしく装えます。

 

白のストライプガウチョには、画像と同じくボリュームのある秋色トップスを。

 

今流行りのお袖にデザインのある七分袖ニットやボレロ&カットソー、ベルスリーブプルオーバーなど、ご自身のお顔映りの良い着丈短めのトップスを合わせてみてください。

 

ストライプで縦のラインが強調されているので、長いネックレスは必要ないとおもいます。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

トップスインナーを、レースのバッグデザイン「タンクトップ」で合わせるのがシンプルコーデのこつです!┃甘解説です

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

カーキ色の落ち着いた雰囲気が50代女性にもマッチしているコーデです。

 

トップスはスナイデルのカーキ色のプルオーバーです。Vネックでデコルテラインが綺麗に見えるデザインです。後ろも大きく開いたデザインで程よくセクシーで抜け感があります。

 

ボトムスはローリーズファームの白色ストライプのワイドパンツです。

 

秋らしい色合いですが、爽やかさもあります。ホワイトパンツはストライプ柄なので、ボトムをすっきりと見せてくれます。

 

ホワイトとカーキ色は相性がよいので上品な装いになり、おしゃれに決まります。

 

靴やバッグは黒色にすると大人の雰囲気になります。カッチリしたバッグやヒールパンプスを合わせれば通勤着からおしゃれ着まで着回せます。

 

シンプルなアイテムなので、トップスのインナーはレースのバッグデザインのタンクトップを合わせると華やかになってアクセントになります。

 

アクセサリーはピンクゴールドがおすすめです。フープイヤリングやブレスレットの重ねづけをしても良いでしょう。

 

シンプルな中にもトップスはデザイン性のあるものです。個性的なアクセを身につけるとよりブラッシュアップしたコーデになります。

 

まだまだ暑い日が続きますが、ファッションは秋冬の新作が沢山リリースされています。

50代女性もトレンドを取り入れながら自分らしいアイテムを見つけてみましょう。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

襟が横に大きく開いたデザインを「手抜き感」見せないのが大人女性の着こなしポイントですね<まとめ>

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

SNIDEL(スナイデル)のカーキブラウスと、LOWRYS FARM(ローリーズファームス)のストライプガウチョパンツで、シンプルかつマニッシュな雰囲気です。

 

ブラウスの丸みを帯びたカットワークは体のラインが目立ちにくいので、使いやすいアイテムかと思います。

 

こちらは襟が横に大きく開いたデザインで女性らしいデザインですが、Vネックの真ん中の位置が中央にこないときちんと感が出ず、大人の女性が着た場合は手抜きに見えることがあります。

 

そのため、50代の女性が着るには、まずシャツの裾をインしてベルトを使って固定します。

 

さらに、袖もせっかく折り返しができるように長めにつくられているので、幅広にひとつ折り返すか、2回ほど細めに折り返してみるだけで今年のトレンドの着こなしに変わり、手首を出すことで細く見える効果もあります。

 

足元はこげ茶やマスタードのパンプスで秋の雰囲気に変えて、スエードやコーデュロイのローファーでもきれいに見えます。

 

また、上着は下のパンツがワイドパンツやガウチョといったマニッシュなスタイルだと、レースアップブルゾンなども合うかと思います。

 

かっちりしたジャケットとは違って50代女性が着た場合も大人可愛い雰囲気に変わります。

 

バッグはニット素材のトートやショルダーバッグなどを合わせると柔らかい印象になりブラウスのふんわりとした雰囲気とも合うのでおすすめです。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク


 

 

 
…・・・きりとり・・・…
ざ・ランキング

 

 
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す