ロングカーディガンでアラフィフ、アラ還世代も娘コーデを決めちゃいます!

若いモデルさんの秋コーデを40代、50代も着こなすポイント

似合う服が分からないアラフィフ、アラカン世代の方に、「アラサーモデルさんのファッション」をヒントにコーディネートをご提案します。

 


 

「アラサー20代」私のファッション@ロングカーディガンに「dazzlin」のトップスと、「ローリーズファーム」のデニムのジーンズを合わせました

トップスは、dazzlinで先日購入したノースリーブタイプのもので値段は6千円くらいでした。

 

ボトムスのジーンズはローリーズファームで購入し、3千円くらいでした。

 

ローリーズファームはあまり買わないですがダズリンは今でもよく行きます。

 



 
コーデの思い入れ

ニット素材と総レースが可愛いピンク色のトップスですが、他の色も可愛かったので購入時迷いました。

 

でも、意外とピンク色なのに深みのある色なので色んなボトムスと合うのでこの色で良かったと思います。

 

 

今日は、シンプルにデニムを合わせました。ポイントとしては、トップスが袖がないタイプなのでバランスを取るためにボトムスは長いものを選んだ方が合いやすいというところです。

 

また、袖がないものは真夏感が強いので季節感を考えて薄めの羽織を着ています。

 

ちらっと見えるレースの感じもおしゃれに見えます。足元は、ヒールのある靴を選びました。

 

 


 

ロングカーディガンは40代、50代の女性に欠かせないマストアイテムですね┃甘しょっぱく解説します

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

ボルドーのカットソーにハイウェストストレートジーンズ、ライトグレーのロングカーディガン、それぞれ応用しやすいシンプルなアイテムを組み合わせていますね。

 

 

 

特にロングカーディガンは大人40代、50代の女性に欠かせないマストアイテムです。

 

トップスとボトムスで色が分断されてしまうのを、ロングカーディガンを上から羽織るだけで一つのラインに整えてくれるのです。

 

タイトジーンズだとお尻を隠してくれる着痩せ効果もありますし、ライトグレーだと優しい印象を与えてくれますし、ブラックだと大人っぽく強い印象を与えてくれますので、いくつかの色を持っておくと着回しがききます。

 

特に膝丈はおすすめです。くるぶしまである超ロング丈になるとドレッシーすぎますし、下手するとコギャル感が出てしまいます。また歩くときやエスカレーターでの巻き込みなど気にしなくてはなりません。おしゃれに見せるのは大切ですが、ファッションのために怪我したくないですからね。その点膝丈だとドレッシーな印象はありつつも着やすいアイテムですね。

 

ただ、袖の太さやそで丈には注意してください。袖幅が太いと全体的にもっさりした感じになってしまうので、そんな時には少し袖をロールアップしながら手首の上までまくってあげた方がすっきり感が出るでしょう。

 

また、これぐらいの丈のロングカーディガンとスカートを合わせる時には後ろ姿を気にしてください。

 

スカートの丈がカーディガンより短いと後ろから見た時に何も着ていないように見えてしまうので、そんな時にはあえてロングブーツを合わせるとかタイツを履くとかしてください。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

二の腕、お腹を隠すデコルテ出し「コーディネート」が良いですね┃甘く解説します

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

色味がきれいなトップスとコーディネートしやすい優秀アイテムのグレーを合わせ、デニムでまとめた甘辛コーディネートですね。

 

トップスは丈も短めでちらりと肌見せ感もあり、女性らしいチョイスです。ですが、アラフィフ世代は二の腕、お腹出しはかなり引き締まっていないと周りにもビックリされてしまいますのでここは隠したコーディネートでいきましょう。

 

20代30代のコーディネートを50代がすると、体型や肌質の違いから同じ服でもやぼったく見えたり、やり過ぎ感が出ることがあります。

 

肌が明るく見えるように年齢が出にくいデコルテ部分で肌見せをしてVネックのハイゲージのニットや、同色のグレーニットを合わせてみましょう。

 

パールやダイヤの統一したアクセサリーで胸元、耳元に輝きをプラスしてください。

 

 

ボトムはデニムでもOKですが、50代は動きやすくカジュアルに使えるテーパードパンツがおすすめです。ウエストがゴムのタイプもありますし、コットンや艶感がありシワになりにくい化繊の入ったもの等さまざまです。

 

スニーカーにもペタンコシューズにも合わせやすくデニムよりもきちんと感が出ます。UNIQLOでも何パターンか出ていますね。

 

 

デニムを履く場合はトップスをパリッとしたシャツと合わせると良いと思います。ボトムがカジュアルな分トップスできちんと感を出してバランスを取ります。首もとは開けて抜け感を出しつつ、裾はINすると脚長に見えます。ここにもアクセサリーはマストです!小さいもので構いませんので是非付けてください。袖は少しまくって時計を見せたりすると良いでしょう。ここはカジュアルに皮ベルトのものがおすすめです。

 

組み合わせやアクセサリーでうまくバランスを取って大人の雰囲気を出せるのはアラフィフの強みですね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

ロングカーディガンで美シルエットなIラインづくりが50代にもベストヒットですね!┃まとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

涼しくなって来て大活躍間違いなしのロングカーディガンはアラフィフ世代にも活用している方は多いのではないでしょうか。

 

シンプルなデザインの物は着回し力も抜群ですし、Iラインを作る事で簡単にスタイルアップが可能です。

お腹回りやヒップラインはしっかりと隠してくれる頼りになるアイテムですね。

白やライトグレーの物は季節を問わず使えますし、明るく軽やかに見えます。

 

 

濃い色のインナーは良いアクセントになっていますし、レース使いで女性らしさも感じさせています。

今回の様にボトムにデニムを着用するときなどはフェミニンなインナーを合わせたいものです。

ピンク系に抵抗がある方は、マスタードカラーなどもおすすめですよ。

カーディガンが淡い色なので、濃い目の色を持って来ると縦のラインが協調できます。

 

背の低い方でも、ハイウエストボトムスと合わせたり、トップスの色をボトムスと合わせる事で縦長の印象を強く作る事が出来ますし、ひざ丈のロングカーディガンはバランスも取りやすいので是非挑戦をオススメしたいです。

 

デニムも世代を問わないアイテムです。50代の方でもヘビロテしている方は多いですよね。

丈の短めなトップスと合わせて足長効果も感じられます。

上半身をすっきり見せたい場合はトップスをカーディガンと同系色にしておいて、濃い色デニムで重心を下に持っていくのも使えるテクニックです。

お腹回りをもっと隠したい方や、下半身を細見えさせたい場合は、ワイドパンツでカーディガンのラインをそのまま延長させると脚のラインも隠しつつ、女性らしい雰囲気を作る事が出来ます。

 

秋はお洒落を存分に楽しめる季節です。スタイルアップコーデで沢山お出かけしたいですね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク







…・・・きりとり・・・…
ステきらランキング。




にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代女性ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す