ペールトーンの甘いコーデをアラフィフ世代も着こなしちゃいます!

フェミニンなレーシーシャツと膝見せプリーツキュロットスカートをヒントに大人50代のファッションスタイルをご提案します!

若いモデルさんの今日のファッションを参考に、4,50代の世代に向けたお手本コーディネートを専門ライターさんが解説します!

 


 

「アラサー20代」私のファッション@「PINZA」のシャツ、と「膝見せキュロットスカート」の甘めのコーディネート

トップスは、PINZAで5千円くらいでした。

 

ボトムスはdazzlinのやわらか素材のパンツです。

 

PINZAというブランドはお気に入りで東京にしかなかったので行く度に買っていたのですがブランド自体がなくなってしまい、残念です。

 



 
コーデの思い入れ

トップスは、襟や袖、裏地が総レースになっていて、襟のところに薔薇のデザインがついているところがかわいくて気に入っています。

 

また、真珠のような丸い形のボタンも気に入っているのですがほつれやすいところが難点です。

 

ボトムスは、スカートのようですが分かれているので動きやすいです。

 

また、さりげなくバラのような柄が入っているところや上の部分にフリルがついているところがお気に入りです。

 

下も上も薔薇のデザインが入っているので統一感があります。色味も、パステルカラーなので女の子らしい印象になります。ベビーピンクの色味の服は子供っぽい印象になりそうですがこのトップスはそんなことはなく、上品な印象も与えられるので長く着られそうです。

 

 


 

膝見せプリーツキュロットスカートにはタイツで合わせましょう!

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

レーシーで柔らかい色のシャツと薄いグレーの太めプリーツキュロットスカート、どちらもそれぞれ個性を主張しているアイテムですね。

 

その場合にはどちらかをメインにしてあげた方が良いでしょう。

 

【料理のコース】と同じです、全てのアイテムがメインだと食べる方はお腹いっぱいになってしまいますからね。

 

 

レーシーシャツをメインにするのであれば、トップスを外に出してボトムスはレギンスタイプのパンツを合わせてあげてはいかがでしょうか。

 

色は黒でシャープにするでも、白でお嬢様風にするでもいいですね。

 

夏だったら小さめなストローハットとピンヒールを合わせると大人な都会感を出すことができますね。

 

 

ボトムスをメインにする場合には、トップスはすっきりとしたラインのものが良いでしょう。

 

ボリュームのあるキュロットスカートなので、上はすっきりさせてあげる方がいいですね。

 

例えばブラックのノースリーブタートルネックなんかいいと思います。

 

 

そしてミニの場合ポイントは膝。膝丈ならいいのですが、このように思いっきり膝が出ている場合には膝をそのまま見せるのは禁物。膝がよっぽど綺麗な方ならいいのですが、一般的に40代以上は膝にたるみやしわがあるのは当然です。

 

でもミニを履きたいということはもちろんあると思いますので、黒のタイツを合わせることをお勧めします。ストッキングのような薄い素材だと脚に目をいかせることになるので、少し厚めだけどのっぺりしすぎない60デニールぐらいが綺麗に脚を見せつつも、膝を隠すのにはいいアイテムです。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

ペールトーンでまとめた甘口コーディネートを50代が着こなすためのポイント

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

全体的にペールトーンでまとめた甘口のコーディネートですね。

 

ペールピンクのブラウスは襟と袖口が白で切り替えられていて可愛らしいデザインです。50代にもペールトーンは是非取り入れたいアイテムです。

 

色味が強すぎず柔らかい印象にもなりますし、ペールピンクは顔も明るく見せてくれますね。

 

 

アラフィフ世代は素材と可愛く見せる部分にこだわってみましょう。

おすすめはレーヨンなど光沢のある素材のフレアスリーブのブラウスです。袖口が広がっていて動く度にひらひらと揺れて女性らしい雰囲気が出ます。 

 

50代には可愛すぎない?と思いますか?いえいえ、可愛いポイントが1箇所なので大丈夫です!ややシルエットが大きく見えがちなデザインでもあるのでVネックやボートネックのようにデコルテ部分が見えるものを選んでバランスを取りましょう。

 

 

ショートパンツで大胆に足見せするのも良いですが、50代はなるべく膝下が見えないのが上品ですね。

酸いも甘いも積み重ねてきた人生をどうしても物語ってしまいます。

 

そこはそっとしまってネイビーやベージュのハイウエストのワイドパンツを履きましょう。

 

裾をIN して上半身の見える割合を減らし、足長に見せます。

 

ボトムスと同系色のパンプスで合わせたり、トップスを白やベージュなどのフレアスリーブにして靴に差し色としてピンクやマスタードなどの色味を持ってきても甘すぎず落ち着いたアラフィフのコーディネートになります。

 

フレアスリーブに抵抗がある場合はペールピンクのニットで合わせても良いでしょう。ボトムはストレートかテーパードのピッタリ過ぎないデニムにして、黒パンプスで締めてバランスを取るのも良いですね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

アラフィフ世代のコーディネートでは、フェミニンなトップスにはハンサムなボトムスが良いですよ┃まとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

非常にかわいらしいガーリーコーデですね。

アラフィフ世代でこのコーデに挑戦するのは勇気が要りますが、要素として取り入れることは可能だと思います。

いくつになっても可愛いものにはトキメキますよね。

 

 

レース使いの淡いピンクのブラウスはシンプルなジャケット等と合わせる事で甘辛ミックスコーデにすることができます。

淡い色ばかりでまとめてしまうと、お肌もくすんで見えてしまうので是非、はっきりとした濃い色のものを合わせる事をおすすめします。

他にもフェミニンなブラウスとして、フリルブラウスやバルーン袖ブラウス等は50代の方でも気軽に着られますよ。

 

フリルトリムブラウスは大人の女性こそしっくりきますし、トレンドのバルーン袖も広がりすぎない7分袖位のものはどんなボトムスにも合わせやすくすっきり着こなすことができます。

袖口や裾にシンプルなレースが付いたトップスなども幅広い年代で着られますね。

 

 

ボトムスも、やわらか素材のパンツは履き心地もよくヒップラインも目立ちません。

美脚に自信のある方は勿論ひざ上丈でも大丈夫ですが、ワイドパンツやロングタイトスカート等は品よくまとめる事が出来るのでおすすめです。

 

 

アラフィフ世代のコーデでは、トップスをフェミニンにした分、ボトムスはハンサムなものを合わせたいですね。

 

デニムに合わせるのも格好良くて良いですし、これからの季節はツイード素材が思う存分楽しめるのでこちらも是非ワードローブに加えて頂きたいものです。

50代だから、と可愛いものを諦めるのは勿体ないです。上手にかわいいテイストを取り入れてくださいね。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク







…・・・きりとり・・・…
ステきらランキング。




にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代女性ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す