アラフィフ世代にボルドーカラーの「ニットカットソー」とは着こなせるのか?!

ニットとデニムの秋コーディネートをガッツリ着こなすためのポイント

20代のモデルさんのお洒落なautumnコーデを参考にアラフィフ世代もファッションセンスをアップしましょう。

 


 

「アラサー20代」私のファッション@「dazzlin」のニットT、と「ローリーズファーム」のデニムジーンズのコーデネート

トップスはボルドー色のニットTでdazzlinで、4千円くらいでした。

ボトムスのジーンズはローリーズファームで購入し、3千円くらいでした。

 



 
コーデの思い入れ

今日は、秋を意識したニット素材のトップスにしました。

 

ニットだけど半袖なのでいつも着る時期を逃してしまいがちなのですが今はこれを着るのに丁度良いです。

 

トップスの形と、胸元にあるスヌーピーのロゴが可愛いです。そちらにシンプルにデニムを合わせました。

 

ただ、暗い色に暗い色を合わせると重い印象になってしまう為顔周りは華やかに見せるためシルバーのピアスをつけてポニーテールにしました。

 

そうすることでスヌーピーの柄も見えてポイントになります。足元は飽きっぽいサンダルを合わせました。腕にはゴールドの腕時計をつけました。

 

 


 

アラフィフ大人世代がボルドーカラーを着こなすポイントについて解説します!

【ライター:ほっとん母さん、熱ーく語るおばさん流着こなし術!】

ボルドーのニットカットソーにシンプルなジーンズを合わせていますね。このボールドカラーこそアラフィフ世代のオトナ女性アイテムなのです。ボルドー、カーキ、マスタードカラーといった、深みのあるくすみ系カラーは若い人が着たら下手すると地味に見えがちですが、オトナ女性が着ると奥深さを出すことができます。

 

こういった色は実は日本古来から着物などで使われている色です。昔は自然のものから色名をつけていましたが、ボルドーは小豆色、カーキは蓬色、マスタードは黄土色という和名でした。それだけ日本人にとって古来から馴染みがあり、日本人の肌に似合う色なのです。

 

 

だからこそ馴染みすぎて地味にならないように服の形やアクセサリーなどでコーディネートを考える必要があります。

 

例えばこのカットソーのような短い袖丈は腕を綺麗に見せます。これがもう少し長めの袖になると中途半端なおばさん丈になり、腕が短く見えてしまいます。

 

あるいはフレンチスリーブのように腕は見えるけれども、肩周りが見えないのでほっそり見えるものがいいでしょう。

 

あるいは肘の上までのハーフスリーブもオススメです。

 

気になる二の腕を全体隠すこともできますし、カチッとした印象にもなります。

 

 

また、ボルドーのようなオトナカラーを着こなすのであれば、ボトムスはジーンズなどカジュアルなものよりカチッとしたものの方が魅力的に見えますね。

 

 

例えば、長めのホワイトワイドパンツにピンヒールなど、このボルドーのトップスに似合うと思います。ワイドパンツは足長効果もありますし、かっこよく仕上がります。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像1


 

 

スポンサーリンク

 

 

ニット×デニムのコーディネートでアラフィフ世代が気を付けたいこと!

【ライター:色専ちゃん、お洒落コーデを提案する色彩専門家さん。】

これから秋冬に向けて活躍しそうなボルドーカラーのニットと、ややハイウエストのデニムの組み合わせはスッキリシルエットで上下のバランスも良いですね。

 

お肉のはみ出しが気になる二の腕部分は隠されており、腕もスッと長く見えます。

 

アラフィフのニット×デニムの組み合わせで気を付けるべきポイントはハイゲージをチョイスするということです。

 

ハイゲージは毛糸が細く網目の細かいものです。反対にローゲージは網目が大きくざっくりとしたもので分かりやすく言うと90年代に大ヒットしたドラマ東京ラブストーリーの登場人物が着ているような感じのニットです。懐かしいですね。

 

話を戻してカジュアルさのなかにも上品さを心がけたい50代は見た目スッキリのハイゲージをチョイスしてください。

 

今はUNIQLOや無印良品、海外ファストファッション等にも多数あります。タイトなものは苦手で、、とよく丈が長めのニットやチュニックで体をすっぽり隠し、デニムを合わせる方がいますがそれはますます悪目立ちさせてしまいます。

 

体型が気になる方はワンサイズ大きめを選んでみると良いでしょう。意外とスリムに着こなせます。胸の猫ちゃんもかわいいのですが50代はやめておきましょう。

 

代わりにパールのアクセサリーで年齢にあったかわいさをプラスしてください。デニムは今よりももう少し暗めのブラックデニムがおすすめです。

 

ボルドーニット+ブラックデニム+すこしヒールのあるパンプスで脚長に見せるコーデ。

 

冬はボトムと同系色のショーブーツで合わせても良いでしょう。首もとにストールを巻いてもおしゃれですね。ノーカラーコートやコクーンコートの前を開けて着たりしても素敵なアラフィフコーデになりますよ。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像2


 

 

上品なカジュアルコーデには「ボルドー色」は最高です!┃まとめます

【ライター:ナナさん、ファッションニュース、婦人雑誌を日々熟読するまとめ上手さん】

秋らしい、こっくりとした色味のコーデですね。

 

ニットはカットソーや普通のTシャツよりも素材感がぐんと上品な印象です。その為、1枚で着てもラフ感も少なく大変便利なアイテムです。また、秋のオシャレを取り入れたいけど今日は少し暑い、なんていう日にも最適な1枚になりますね。

 

 

秋には定番のこっくりカラーですが、気を付けないとアラフィフ世代には色が派手になりすぎてしまうこともあります。でもこのボルドーの様な赤系のトップスはデニムと合わせて上品カジュアルコーデにするには最適ですね。

 

他にも黒のペンシルスカート等と合わせると女性らしいレディなコーデも可能です。

 

足のラインを出したくない場合は勿論ワイドパンツでもハンサムなコーデにできますよ。

 

50代の方でも、デニムはオールシーズンヘビロテさせているという方は多いことでしょう。今回のような濃い目のインディゴブルーのデニムはキレイ目に着たい時にはうってつけの色です。

 

マスタードカラーと合わせてもキレイ目カジュアルにできますし、シックなトーンがお好みでしたらブラウン系のトップスもおすすめです。

 

ただ、渋めの色と合わせる際には小物でアクセントを付けることも忘れないでほしいです。あまり地味コーデになってしまって、おばさん見えしてしまうのは避けたいですよね。

シンプルなコーデの時には、少し目立つようなアクセサリーを付けたり、思い切った色のクラッチバッグを合わせたり、小物のオシャレを目いっぱい楽しんでみてください。

 


 

50代ファッション挿入イメージ画像3


 

 

スポンサーリンク







…・・・きりとり・・・…
ステきらランキング。




にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 50代女性ファッションへ

 

最新情報

コメントを残す